第88回アカデミー賞授賞式の司会は、クリス・ロックに決定!

| コメント(0)

2016年2月に開催される第88回アカデミー賞授賞式の司会に、人気コメディアンのクリス・ロックが決定した。彼が同賞の司会を務めるのは、2005年以来、今回で2度目のこととなる。

【関連コラム】米国TVトークショーの魅力と、オスカー授賞式司会の栄光

米Varietyによると、ニール・パトリック・ハリス(『ママと恋に落ちるまで』)が司会を務めた前回の授賞式は、過去6年で最低の視聴率を記録。その前の第86回に比べると、16%も視聴率が落ち込んでしまったことから、製作側が新鮮さを求めたようだ。

プロデューサーのデヴィッド・ヒルとレジナルド・ハドリンは、「クリス・ロックは、エンターテイメント業界の最優秀選手です。コメディアンで俳優、脚本家、プロデューサーでもあり、監督も務める上に作家でもある彼は、全てを経験しています。彼は、文句がつけようのないオスカー司会者になるでしょう」と、太鼓判を押している。クリスも司会に決定したことについて、「再びオスカーで司会できることを嬉しく思っているよ」と、やる気をうかがわせている。ハドリンとクリスは、クリスの子ども時代を描いた米CBS局のコメディシリーズ『Everybody Hates Chris(原題)』で、タッグを組んだことがある。

クリスが11年ぶりに司会で盛り上げる第88回アカデミー賞授賞式は、2016年2月28日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリス・ロック
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月23日 19:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「お酒は自己を忘れるのに最も簡単な方法だった」。ダニエル・ラドクリフが依存症だった過去を回想」です。

次のブログ記事は「レオナルド・ディカプリオ、最新作の役作りで生の肝臓を食べていた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。