『ダークナイト』ゲイリー・オールドマン、4番目の妻アレキサンドラ・エデンボローと離婚成立!

| コメント(0)

映画『ダークナイト』シリーズのジェームズ・ゴードン役などで知られる演技派俳優ゲイリー・オールドマンが、4番目の妻でジャズシンガーのアレキサンドラ・エデンボローとの離婚が成立したことが明らかとなった。

【関連記事】一体何があったの? スピード離婚のセレブたち

米E!Onlineによると、2008年の大晦日にゲイリーとアレキサンドラは結婚したが、今年1月、アレキサンドラが"和解しがたい不和"を理由に離婚を申請。今後4年にわたりゲイリーが220万ドル(約2億6400万円)を支払うことで離婚が成立したとのこと。今回で4度目の離婚となるゲイリーは、以前に女優のレスリー・マンヴィル(『マレフィセント』)とユマ・サーマン(『キル・ビル』シリーズ)、モデルのドニャ・フィオレンティーノとの離婚歴があり、レスリーとの間には20代になる息子一人、ドニャとの間には10代の息子二人をもうけている。

以前のインタビューでゲイリーは、アレキサンドラと出会う前の結婚で良い夫ではなかったことを認めている。「3度の結婚で何かを学んだと思う。"習うより慣れろ"と言うじゃないか? 4度も結婚していることを誇りには思わないけど、今回は順調だ。これが最後の結婚になることを願うよ」と、アレキサンドラとは良縁だと思っていただけに残念な結果に終わってしまった。またゲイリーは、シングルの身で子育てをしていた10年間が大変だったこと、子どもたちが自分の一番の業績であることも語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ゲイリー・オールドマンとアレキサンドラ・エデンボロー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月 6日 18:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『フルハウス』ジョン・ステイモス、幼いオルセン姉妹をクビにしなかったことを喜ぶ」です。

次のブログ記事は「ニコラス・ケイジ、15年前に『ロード・オブ・サ・リング』のあの役を断っていた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。