デンゼル・ワシントン、『グレイズ・アナトミー』シーズン12のエピソードを監督!

| コメント(0)

2001年、映画『野のユリ』(1963年)のシドニー・ポワチエに続き、『トレーニング デイ』の演技で、アフリカ系として二人目のアカデミー賞主演男優賞受賞俳優となったデンゼル・ワシントン。名優として知られる彼が、人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(以下『グレアナ』)シーズン12のエピソード監督を務めることが明らかとなった。

【関連コラム】新シーズンも続く!?『グレイズ・アナトミー』シアトル・グレースはこんなハレンチな病院だった!

米Varietyによると、デンゼルが監督するのは米ABCで放送中のシーズン12の第9話だが、エピソードのあらすじなどの詳細は不明。本シリーズの脚本家ステイシー・マッキーが、デンゼルが監督するエピソードでもペンを取るという。

デンゼルは、2000年代に『きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー』と『グレート・ディベーター 栄光の教室』という2本の映画で、出演するだけでなく監督も兼任してマルチな才能を発揮している。彼にとってTVシリーズでメガホンを取るのは初めてのこととなるが、シーズン12で製作総指揮を担うデビー・アレンと親しいことから、エピソード監督を務める運びとなったようだ。アレンは、「今シーズンは24エピソードのうち10本を女性が監督することになっていて、他の人材も探しています」と語り、シーズン12の舞台裏はできるだけ多くの女性スタッフで固めたいともコメントしている。

デンゼルがTVシリーズでの監督デビューを飾る『グレイズ・アナトミー』シーズン12は、米ABCにて毎週木曜20:00より放送中。日本では、シーズン11がWOWOWにて毎週火曜の22:00より放送している。(海外ドラマNAVI)

Photo:デンゼル・ワシントン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月15日 18:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベネディクト・カンバーバッチ、「僕はジェームズ・ボンドとして検討されない」と分析 」です。

次のブログ記事は「"ピーウィー・ハーマン"、『GOTHAM/ゴッサム』ペンギンの父親役に 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。