あの名サウンド誕生に貢献した『スター・ウォーズ』1作目のスタッフが死去

| コメント(0)

1977年に公開されると、世界中に衝撃を与えた『スター・ウォーズ/新たなる希望』。その後に続く壮大な叙事詩の1作目で音響を手掛け、アカデミー賞録音賞を受賞していたボブ・ミンクラーが亡くなった。米Entertainment Weeklyほか多くのメディアが報じている。

【関連記事】優秀な作品の出来映えは、"画" だけでなく、"音" でも決まる!!

ミンクラーは10月11日、米オレゴン州にある自宅で呼吸不全のため亡くなったという。78歳だった。

ミンクラーは若い頃はミュージシャンで、一時はジャズ界の大スター、ナット・キング・コールと一緒にツアーしていたこともあるという。その後、故郷のカリフォルニアに戻って映画界で働き始め、1970年からの20年あまりで60本以上の作品に関わった。『~新たなる希望』のほかには『ファイブ・イージー・ピーセス』『ヘアー』『ロッキー2』『アーバン・カウボーイ』なども手掛け、1982年の『トロン』では2度目のアカデミー賞ノミネートを果たしている。

家族も音楽への造詣が深く、兄弟のリーと甥のマイケルも同じ録音スタッフとして一緒に働いていた。なお、マイケルは『ブラックホーク・ダウン』『シカゴ』『ドリームガールズ』で3度オスカーを獲得している。

シリーズ7作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が12月18日(金)と近づいているが、その始まりとなる記念碑的な作品を手掛けたミンクラーに最新作を見てもらえなかったのは残念だ。冥福を祈りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ/新たなる希望』
TM & (C)2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization. Star Wars and all characters, names and related indicia are trademarks of and (C)Lucasfilm Ltd.
TWENTIETH CENTURY FOX, FOX and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年10月29日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1Dのリアム・ペイン、長年の恋人と破局! 」です。

次のブログ記事は「『アウトランダー』原作者、『ドクター・フー』のエピソード製作に興味を示す!? 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。