『SHERLOCK』クリエイター、「シャーロックが女性でもドラマは成り立つ」と発言

| コメント(0)

英BBCの大ヒットドラマ『SHERLOCK/シャーロック』のクリエイターであり、英国の国民的人気シリーズ『ドクター・フー』の製作・脚本も手掛けるスティーヴン・モファットが、「シャーロックを女性に置き換えてドラマを製作しても成り立つ」と発言したという。

【関連お先見!】【海外ドラマ日記】二つの現代版ホームズ、『SHERLOCK』と『エレメンタリー』の違いと魅力について(あるいは、新大陸の民がいかにして大英帝国の大ヒットドラマを迎え撃ったか)

9月27日に英Radio Timesが開催したRadio Times Festivalで行われたセッションに登場したモファット。"シャーロックを女性に置き換えたら?"という質問を受けて、以下のようにコメントしたそうだ。「シャーロックを一風変わったバージョンに仕立てたいなら、ただ女性にすればいい。名前を変える必要も、セリフを大幅に変える必要もなく、ピッタリ収まると思うよ」

とはいえ、「僕らには僕らのバージョンがあるから、絶対にやらないけどね」と念押ししたモファット。しかし、実は過去に"女性版シャーロック"という発想を基に生み出したキャラクターがあると発言。「『ドクター・フー』にマダム・ヴァストラっていうキャラクターがいるんだけど、彼女はある意味、女性版のシャーロック・ホームズなんだ」と説明した。マダム・ヴァストラは、ヴィクトリア時代のロンドンで活躍する女名探偵。ジェニーという女性の助手もいる。とはいえ、人間ではなく、爬虫類系のエイリアンなのだが...。

女性版といえば、すでに米CBSが、シャーロックの相棒ワトソンを女性に置き換えて現代のニューヨークを舞台にした『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』を製作し、大ヒットさせている。アーサー・コナン・ドイルの名作推理小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを新たにアレンジするなら、次はシャーロックを女性に置き換えるのも一つの手かも!? (海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c)2010 Hartswood Films

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年9月30日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ミストレス』シーズン4製作決定も、あの女優の続投はナシ 」です。

次のブログ記事は「離婚調停中のベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー夫妻に第四子妊娠のウワサ!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。