『ザ・フォロイング』ケヴィン・ウィリアムソン、映画『タイム・アフター・タイム』をドラマ化!?

| コメント(0)

『ザ・フォロイング』のクリエイター、ケヴィン・ウィリアムソンが、1979年の映画『タイム・アフター・タイム』のドラマ化に乗り出したことがわかった。

【関連コラム】『ザ・フォロイング』ケヴィン・ウィリアムソン(製作総指揮)にインタビュー!

『タイム・アフター・タイム』は、カール・アレクサンダーの同名小説を映像化したもので、SFの名作「タイムマシン」の著者として知られる、若き日のH・G・ウェルズが主人公。舞台は1893年のロンドン、ウェルズが発明したタイムマシンのお披露目会に呼ばれたスチーブンソン医師が、実は世間を震撼させていた殺人鬼、切り裂きジャックとわかり、出来たてのタイムマシンで1979年に逃亡したスチーブンソンをウェルズが未来まで追いかける、というストーリーだ。

ちなみに、映画では『メンタリスト』のマルコム・マクダウェルがウェルズを演じ、『刑事ヴァランダー 白夜の戦慄』のデヴィッド・ワーナーが切り裂きジャックことスチーブンソン医師を演じていた。

米Deadlineによると、ウィリアムソンはこのドラマの脚本を担当し、製作総指揮も務めるという。キャスティングやその他の製作スタッフなどの詳細は、まだ決まっていない。

タイムマシンに切り裂きジャックという、聞くだけでワクワクする題材を、ウィリアムソンがどのようにドラマ化するのか。ぜひシリーズ化まで実現してほしい!(海外ドラマNAVI)

Photo:ケヴィン・ウィリアムソン
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年9月17日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホイットニー・ヒューストンがホログラムでステージに復活!」です。

次のブログ記事は「『ゲーム・オブ・スローンズ』リチャード・マッデン、新鋭女優カーラ・デルヴィーニュのインタビュー中の態度に物申す!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。