『HOMELAND』キャリーの部下役でマックス・ビーズリーが出演決定!

| コメント(0)

米Showtimeの人気サスペンス『HOMELAND』のシーズン5に、英TVシリーズ『ホテル・バビロン』などで知られる英俳優マックス・ビースレイがキャスト入りすることがわかった。米The Wrapが報じている。

【関連コラム】『ホームランド/HOMELAND』に描かれる戦争・テロ、そしてCIAとは?

『HOMELAND』のシーズン4でパキスタン・イスラマバード支局のCIA局長となったキャリー・マティソン(クレア・デインズ)は、最前線でテロとの戦いに明け暮れるが、次第に任務に罪悪感を抱くようになり、自らの意思でCIAを離れることを決意する。シーズン5はその2年後、ドイツに舞台を移してスタート。キャリーはベルリンにある民間の警備会社に勤務し、要人の警護チームを仕切っている。

マックスが演じるのは、キャリーの部下で元イギリス海兵隊の民間軍事コントラクター(PMC)、マイク・ブラウンだという。優秀だが、どうやらキャリーの下で働くことに違和感を感じている人物のようだ。

マックスは、『ホテル・バビロン』『MAD DOG』などの英TVシリーズを中心に、映画『グリッター きらめきの向こうに』の歌姫マライア・キャリーの相手役から、ジョン・マルコヴィッチ主演の不条理なミステリー映画『HOTEL ホテル』のアントニオ役まで、幅広いキャラクターをこなすベテラン俳優。米TVシリーズでは『CSI:科学捜査班』『SUITS/スーツ』などにゲスト出演している。

そのほか、シーズン5に新たに加わるキャストとして、CIAベルリン支局長役のミランダ・オットー(『ロード・オブ・ザ・リング』)、キャリーの恋人ジョナス役のアレクサンダー・フェーリング(『イングロリアス・バスターズ』)、アメリカン人ジャーナリストのローラ役のサラ・ソコロヴィッチ(『グッド・ワイフ』)らが名を連ねる。

現在ベルリンにて撮影中の『HOMELAND』シーズン5は、米Showtimeで10月4日より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:マックス・ビーズリー
(c) Alpha Press/amanaimages

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年9月 7日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ドクター・フー』リバー・ソング、クリスマス特別回で久々に再登場」です。

次のブログ記事は「【ネタばれ】「グレイズ・アナトミー」シーズン11終盤では、なぜ1年後の未来が描かれる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。