【ネタばれ】「グレイズ・アナトミー」シーズン11終盤では、なぜ1年後の未来が描かれる?

| コメント(0)

(本記事は、シーズン11の日本未公開エピソードのネタばれを含みますのでご注意ください)

アメリカでは間もなくシーズン12が放送開始となる『グレイズ・アナトミー』。シーズン11の終盤では、放送開始よりレギュラーキャストとして活躍してきたパトリック・デンプシーの降板にともない、彼の演じるデレクのショッキングな死が描かれた。その後、ストーリーに1年間のメレディスの空白を設けたことについて、番組クリエイターのションダ・ライムズが米TV Lineに説明している。

【関連記事】一番稼いでいるのは誰!? ドラマ俳優の気になる出演料、おいくらでしょう? <前編>

デレクはシーズン11の第21話で、交通事故が原因でこの世を去ってしまう。しかし、番組ではデレクの死を十分に悲しむ間もなく、第22話では妻のメレディス(エレン・ポンピオ)が子供を連れて姿を消し、その間に、シアトルでの1年が流れ過ぎる様子が映し出される。そしてメレディスは自宅に戻り、続く第23話とフィナーレのエピソードが描かれることになる。

ライムズによると空白の1年間、メレディスはあまりに深い悲しみに暮れていたという。「メレディスが(デレクが亡くなってから)すぐに話をしたり、息をついたりする世界は想像することができなかった。半年後でさえ無理だと思ったわ。彼女が会話をしている様子が自然だと思えるところまで、時間を置く必要があったの」とライムズは説明する。

また、デレクの死を執筆するにあたって、ライムズは、「書くのがとてもつらかった。見るのもつらかったわ。撮影には行かなかったの。現場に立って、バカみたいに泣いているだけだと思ったから」語り、心境を明かしている。しかし、悲しみのエピソードに差した唯一の光とは? それはパトリックとエレンの見事な演技だったという。ライムズは「パトリックとエレンの仕事には圧倒されたわ」と二人をたたえている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ションダ・ライムズ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2015年9月 7日 20:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『HOMELAND』キャリーの部下役でマックス・ビーズリーが出演決定!」です。

次のブログ記事は「『ダウントン・アビー』ファンのエリザベス女王、時代考証のミスを発見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。