映画『トワイライト』シリーズのアシュリー・グリーン、火事の焼け跡から麻薬パイプが発見される!?

| コメント(0)

昨年、映画『トワイライト』シリーズのアリス・カレン役で知られるアシュリー・グリーンの自宅が火災に見舞われ、彼女の愛犬が命を落とすという事件が起こっていた。そして最近になって、焼け跡から麻薬を吸うパイプが発見されたと報じられ、アシュリーの関係者がこれを否定していることが明らかとなった。

【関連記事】セレブに学ぶ、セクシー・ボディのつくり方<第2弾>

昨年3月、アシュリーのロサンゼルスのコンドミニアムから火の手が上がり、睡眠中だったアシュリーと当時の恋人ライアン・フィリップ(『ダメージ』)、アシュリーの兄ジョーは無事非難したものの、愛犬が犠牲となり建物もかなりの損傷を負ってしまった。

今月26日(日)、火災の件でアシュリーを訴えているコンドミニアムの管理人が、裁判の宣誓書にて、"焼け跡から麻薬のクラックを吸うパイプが見つかった"と主張している事実を、米TMZが入手したと報じた。しかしアシュリーの関係者が、米US WEEKLYに語った話は全く違っている。「パイプはアシュリーの自宅にはありませんでした。それは出所が不明のただの噂です。管理人が、焼け跡に入った誰かの友人から聞いた話を主張しているだけのことです。それにライアンは、当時アシュリーのコンドにいなかったと調書には記録されています」と、双方の話が食い違っているだけに、今のところ真相は定かではない。

ライアンは、"火事の夜アシュリーの自宅にいなかっただけでなく、一度も建物の中に足を踏み入れたことがない"との宣誓書を裁判所に提出している。(海外ドラマNAVI)

Photo:アシュリー・グリーン
(C)Kazuki Hirata / www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月29日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジェニファー・ローレンスとクリス・マーティン、交際から4か月で破局!」です。

次のブログ記事は「ベネディクト・カンバーバッチがアメコミ映画『ドクター・ストレンジ』主演か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。