ベッカム、エボラ出血熱予防キャンペーンのビデオに起用される

| コメント(0)

国連児童基金(ユニセフ)はこのほど、エボラ出血熱の予防キャンペーンビデオにイングランド出身の元サッカー選手、デヴィッド・ベッカムを起用したと発表した。

【関連動画】ベッカムとトム・クルーズが映画協演を画策中?(W流)

ビデオは、エボラウィルスが猛威をふるうリベリア、ギニア、シエラレオネなどの西アフリカ諸国向けに製作されたもので、住民にウィルスの拡散をいかにして防ぐかを指導するのがねらいだ。イングランド代表のキャプテンとして活躍し、多くの広告塔を務めるベッカムの高い知名度が今回の起用につながった。

シエラレオネサッカー協会会長のイシャ・ヨハンセン氏は「エボラ予防キャンペーンにデヴィッド・ベッカム氏が加わることは我々にとって計り知れない意味があり、ベッカム氏に感謝したい。シエラレオネにおいてサッカーは宗教に近い。男も女も子どももみんなが英プレミアリーグのサッカー選手やチームの大ファンだ。なかでもベッカム氏は別格の存在なんだ」と語った。2014年2月からエボラ出血熱が流行しているシエラレオネでは、アフリカ選手権予選に出場する予定だった代表チームが対戦相手国のセーシェル政府に入国を拒否されるなど、サッカー界にも様々な支障が生じている。

一方、ベッカム家では夫人のヴィクトリアが先月25日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の親善大使に任命されたばかり。セレブ界きってのおしどり夫婦らしく、国際貢献の足並みもぴったりといった様子だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:デヴィッド・ベッカム
(C)Michael Stone / www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月16日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またまた記録更新! 『ウォーキング・デッド』シーズン5のプレミア放送が過去最高視聴者数に」です。

次のブログ記事は「米CW、エドワード・ノートン主演の映画『幻影師アイゼンハイム』をドラマ化!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。