グウィネス・パルトロウ、マーサ・スチュワートの辛口批判をジョークでかわす!

| コメント(0)

元祖カリスマ主婦としてTV番組などで人気を博したマーサ・スチュワートが、ライフスタイル・ウェブサイト「Goop」を手がけているオスカー女優のグウィネス・パルトロウを辛辣に批判したことが話題になったが、それに対し、グウィネスがジョークで応じたという。米Peopleが伝えている。

【関連記事】夏はまだ終わらない! セレブに学ぶ、セクシー・ボディのつくり方<第2弾>

先月、マーサはオンラインショップNet-A-Porterの雑誌Porterのインタビューで、「彼女は映画女優なんだから、黙っていればいい」や「演技に自信があるならマーサ・スチュワートになろうとしない」などのコメントでライフスタイル・アドバイザーとしても知られるグウィネスを批判していた。

グウィネスと言えば、何かと批判され、衝突が多いことで有名だが、今回の件では米Peopleの取材で、「今まで私のことを悪く言う人はいなかったから、ショックだったし、打ちのめされてしまった。でも立ち直るつもりよ」と冗談で応戦。「人が誰かを批判する時は、相手を批判することで、実は自分の立場や状況を明らかにするんだと思う。暴言を吐いてしまう時って、普通は何か別の理由があるのよね。だから個人的に受け取らないようにしているわ。でも批判から学ぶこともある」と加え、マーサからのバッシングをさらりとかわしながら、「本当のことを言うと、彼女にライバル視されてのぼせあがってしまった」と余裕の発言をした。

同サイトは、マーサとグウィネスが仕事で交流することはしばらくないと見ている。つい最近、グウィネスは、「Goop」の新CEOとして、マーサが社長を務めるスチュワート・リビング・オムニメディア社に在籍していたリサ・ガーシュを迎えたからだ。ガーシュについてグウィネスは、「私が次のレベルに飛躍するための手助けをしてくれる人を探していたわ。運命的にも、リサがある夜ディナーに来てくれて、仕事を引き受けてくれたの」と明かした。

また、女優とライフスタイル・アドバイザーを同時にこなしていることについては、「私たち女性たちは野望を持っている。異なる仕事を同時にこなすことができるし、努力することも好き」とグウィネス。「(女優としてのキャリアが)ある程度まで到達したあとは、演技することでは得られない別のやりがいや、挑戦のしがいを感じる」と「Goop」の仕事について語ったという。(海外ドラマNAVI)

Photo:グウィネス・パルトロウ
(C)Hanako Sato/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月14日 17:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『SATC』サラ・ジェシカ・パーカー、自身の靴ブランドと靴への愛着を語る!」です。

次のブログ記事は「ザック・エフロン、新恋人と噂される女性とデンマーク旅行!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。