『アメリカン・ホラー・ストーリー』製作者はジェシカ・ラングの継続を熱望

| コメント(0)

『Glee』を手がけたライアン・マーフィーが製作総指揮者を務めるホラー・ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』。アメリカではシーズン4となる『Freak show(原題)』の放送中だ。このドラマにシーズン1から出演しているジェシカ・ラングが、シーズン4で降板することが報じられている。だがマーフィーは、ジェシカ・ラングが出演を継続するように説得するつもりだという。

【関連お先見】『アメリカン・ホラー・ストーリー:Coven』 ダーク、過激、スタイリッシュ! 人気ホラーの新シーズンがいよいよスタート!

米TV Lineによると、マーフィーは「ジェシカは間違いなく、シーズン4を最も気に入っている。だから、これからも彼女に出演を続けてほしい。ジェシカが13話のエピソードに出演するか、6話か、それとも1話だけか。ジェシカとじっくり話し合うつもりだよ」と話した。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、シーズンごとに舞台や登場人物が変わり、以前のシーズンに出演した俳優も違ったキャラクターを演じている。マーフィーは「いつもジェシカが演じるキャクターを作ることから始めている。だから彼女が興味を持つ新しい役を考え、スケジュールが合えば、次のシーズンも出てくれると願っているよ」。それから「毎日、賄賂を贈っているんだ」と冗談を加えた。ジェシカがこのドラマに留まるかどうか、注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェシカ・ラングとライアン・マーフィー
(C)Ima Kuroda / www.HollywoodNewsWire.net
(C)Megumi Torii /www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月10日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ヴァンパイア・ダイアリーズ』ポール・ウェズレイ、映画『Mother's Day』でスーザン・サランドンらと共演!」です。

次のブログ記事は「『ヴァンパイア・ダイアリーズ』イアン・サマーハルダー、新恋人ニッキー・リードへの想いを吐露」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。