『パーソン・オブ・インタレスト』エイミー・アッカー、ルートとショウの"じゃれついた"関係について

| コメント(0)

『パーソン・オブ・インタレスト~犯罪予知ユニット』で、天才ハッカーの"ルート"役を演じているエイミー・アッカー。その彼女が、サラ・シャヒの演じるサマンサ(サミーン)・ショウと、ルートとの関係について話した。

【関連記事】これを観ないで何を観る!?『パーソン・オブ・インタレスト』海外ドラマNAVI的大追及!

(以下はシーズン3までのネタばれがあるので注意)

犯罪予知システム"マシン"を人間への従属から解放しようとしたルートは、もともとは悪役として描かれていた。ところが、マシンと直接会話が可能になり、マシンの指示のもとに行動をとるようになってから、物語の核心に迫る重要な役柄に成長。ジョン・リース(ジム・カヴィーゼル)やハロルド・フィンチ(マイケル・エマーソン)たちを助ける場面も増えていることから、エイミーはシーズン3から、サラとともにレギュラーに昇格している。

ショウとの関係も、最初は敵対していたのが、しだいに一緒に行動をとる機会が多くなるなど、変化が生じている。このことについてエイミーは、io9のインタビューで次のように話した。

「(ルートとショウの関係を演じるのを)私たちはすごく楽しんでる。二人が初めて出会うシーン(シーズン2第16話「コードネーム:インディゴ」)からそうで、撮影中、(ショウを尋問しようと)アイロンをつきつけたときに、"どうしてこのシーンが、性的な戯れみたいになっちゃったのかしら?"と、サラと二人で思ってたくらい。自分たちの意志でそうしたのか、監督の意向だったのかわからないんだけど」

「それからずっと、二人で役柄を演じるのが楽しいの。とくに私はね。なぜかというと、そういう戯れをショウが嫌う性分なのをルートは知っているから。もしくは、ショウは本当は笑いたいのに、性格上できない、ということも何度もあった。そういう関係はとにかくやっていて楽しい」

しかも、二人の関係に見られる、ロマンチックで性的とも受け取れるニュアンスを、トーンダウンするように指示されたことはないとか。「いくつか違うパターンで撮影することが多いんだけど、いつも、じゃれあってるパターンが採用されているみたい。製作スタッフの選択でもあるのよね」

というわけで、ちぐはぐのようで実は相性のよいルートとショウの掛け合いを、シーズン4でも楽しみにしたい。『パーソン・オブ・インタレスト』シーズン4は、AXNにて10月15日(水)23:00より放送がスタートする。(海外ドラマNAVI)


Photo:『パーソン・オブ・インタレスト』
(c)2012 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月 1日 20:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『アグリー・ベディ』ヴァネッサ・ウィリアムズ、一般人の恋人と婚約!」です。

次のブログ記事は「キアヌ・リーヴス、またしてもファンに不法侵入される!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。