映画『トワイライト』シリーズ、5本の短編映画としてFacebook上でカムバックすることに!

| コメント(0)

ヴァンパイアブームの火付け役作品となり、ヤングアダルト小説を原作とした映画『トワイライト』シリーズが、5本の短編映画としてFacebook上で公開されることが明らかとなった。

【関連記事】ヴァンパイア人気投票リターンズ!~あなたはどのヴァンパイアがお好き?~

米JustJaredによると、製作会社ライオンズゲートが、来年Facebook上にて5人の女性監督による短編映画という形で、『トワイライト』シリーズをカムバックさせることを発表。短編映画の登場人物はシリーズでお馴じみのキャラクターとなるが、オリジナルのキャストではなく新たな俳優がキャスティングされるとのこと。同社の副社長マイケル・バーンズは、「Facebookは、既存のファンに刺激を与えつつ、新規のファンに『トワイライト』の世界を紹介する素晴らしい手段だと思います」と述べている。

そして、短編映画でメガホンを取る5人の女性監督は、エンターテイメント業界で活躍する女性パネリスト達によって選出される。まず、シリーズで主役ベラを演じたクリステン・スチュワートをはじめ、原作者のステファニー・メイヤー、女優のケイト・ウィンスレット(『愛を読む人』)にオクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ ~心がつなぐストールー』)、ジェニファー・リー監督(『アナと雪の女王』)といったそうそうたる顔ぶれがそろっている。

シリーズの生みの親であるメイヤーは、「映画産業に身を置く私にとって、女性の"声"がますます意味を成すようになってきました」と意気込みを語っている。女性が中心になって生み出される『トワイライト』の短編映画が、どんな仕上がりになるのか今から楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:トワイライト・サーガ
角川映画配給 TM & (C) 2012SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年10月 6日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジェニファー・ラブ・ヒューイット、『クリミナル・マインド』出演決定はドッキリを仕掛けられているかと思った!」です。

次のブログ記事は「『グレイズ・アナトミー』エレン・ポンピオが極秘で代理母出産!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。