ジュリア・ロバーツ、自分のことをセクシーだとは思わない!

| コメント(0)

米People誌の"世界で最も美しい女性"に4回選ばれているにもかかわらず、ジュリア・ロバーツが自分をセクシーだとは思わない、と語っている。

【関連記事】ジュリア・ロバーツも出演、1980年代のHIV/エイズ問題を描いた『The Normal Heart』

米ファッション誌「InStyle」9月号の表紙を飾り、インタビューに応えたジュリアは、「いつも自分のことを女っぽいというより、ボーイッシュな方だと思ってるわ。だって"ビキニが似合うセクシー女優トップ5"には選ばれたことがないし、正直言って、これって思いがけない幸運だと思うの。でも若い時は、一番美人なのはハル・ベリーじゃなくて私よ!って意地になってたけど」と打ち明けている。

そしてひと昔前に比べて、今はレッドカーペットで何を着るべきか、もっとエネルギーを注いでいるとのこと。「昔はいきなりプレミアに誘われても、シャワーを浴びてすぐに出かけてたわ。ヴィンテージのミリタリー・ジャケットとストライプのレギンスを履いてね。いい時代だった。当時はドラッグストアに何を着て行ったって、うるさく言われなかったもの」と、当時を振り返っている。しかし現在は、ジュリアの子供達に何を着て行くべきかアドバイスを求めることもあり、違う楽しみ方ができるようになったそうだ。さらに、専属スタイリストのエリザベス・スチュワートの意見を取り入れながら、どれだけ豪華なドレスやジュエリーを身に付けても、自分らしさを失わないように心がけているとも語っている。

ジュリアは『The Normal Heart』でエミー賞のミニシリーズ/テレビムービー部門の助演女優賞にノミネートされており、ハル・ベリー、グウェン・ステファニーらとともに「第66回エミー賞授賞式」のプレゼンターにも選ばれている。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジュリア・ロバーツ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年8月13日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「第66回エミー賞授賞式」のプレゼンターに、ジュリア・ロバーツ、ハル・ベリー、グウェン・ステファニーらが決定!」です。

次のブログ記事は「ビヨンセとジェイ・Zが離婚の危機!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。