あの人の意外な過去!? セレブたちの変わった前職とは?(後編)

| コメント(0)

世界中から常に注目される、ハリウッドスターをはじめとするセレブたち。しかし、華やかに脚光を浴び現在の成功を勝ち得るまでには、さまざまな努力と苦労を積み重ねたという有名人も多い。そこで今回は、女性向け情報サイトAmerikanki.comでピックアップされた知られざるスターになる前の変わった前職をいくつかご紹介したい。

【関連記事】あの人は意外と背が低い? それとも高い? 気になる海外ドラマスターの身長を探ってみました!

■マシュー・マコノヒー(養鶏場の清掃員)
映画『ダラス・バイヤーズ・クラブ』でエイズ患者を演じるため、21キロもの減量を自らに課すなど、演技派としてストイックにキャリアを積んでいるマシュー・マコノヒー。今の俳優業からは想像できないが、養鶏場を清掃する仕事をしていたようだ。ただし、これは、交換留学生としてオーストラリアに滞在した際に、お金が必要になったためだとか。

■ジョージ・クルーニー(靴の販売員)
ここで紹介した他の職業と比べると、靴の販売員はいたって普通の仕事。しかし、あのジョージ・クルーニーが試し履きの手伝いをしてくれたり、似合う靴を選んでくれたりする姿を想像してみてほしい。ジョージに接客してもらったラッキーな客が手にした靴は、かなり貴重で価値のある靴と言えよう。

■ロブ・スチュワート(墓堀人)
ドキュメンタリー映画『シャークウォーター 神秘なる海の世界』のロブ・スチュワート監督の以前の職業は、なんと墓堀人! 棺を墓に納めるため、地面に深く穴を掘る仕事で、ブレイクする前のある時期に従事していたという。しかし、死を連想する仕事だけに、脚光を浴びるようになってからは、あまり多くは語りたがらないのだとか。

■クリストファー・ウォーケン(ライオンの調教師)
もっとも驚くべき前職は、オスカー俳優クリストファー・ウォーケンのライオンの調教師という仕事だろう。しかし、とても意志の強いカリスマ的存在の名優が、野生動物を調教する姿は、案外想像できる!? 不屈の精神を持つ男が、百獣の王ライオンとともにいる眺めは、かなり魅力的だろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・マコノヒー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年7月31日 18:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『24』のフレディ・プリンゼ・Jr、「キーファー・サザーランドは素人同然」と非難!?」です。

次のブログ記事は「「ドラ活6」に『リゾアイ』のボイスキャスト朴璐美&井上喜久子が登場! 二人はプライベートでも仲良しだった!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。