『アナ雪』から『マレフィセント』へ。ディズニー映画が週末興収NO.1を記録し続ける

| コメント(0)

先日、映画『マレフィセント』日本公開記念でアンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニングが来日。その記者会見の模様はサイトでもお伝えしてきた通り。そんな『マレフィセント』が『アナと雪の女王』の公開スタート時の記録を更新した。

【関連動画】アンジェリーナ・ジョリー来日! ディズニー映画『マレフィセント』記者会見

ディズニー・クラシック・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で愛され続けている『眠れる森の美女』。その『眠れる森の美女』に隠されていた"禁断の呪い"が生んだ究極の愛を描いた『マレフィセント』が7月5日(土)に全国643スクリーン(字幕322/吹替え321)で公開され、週末2日間で6.91億円を記録した。

この好スタートの数値は、数々の日本における映画興行の記録を塗り替えてきた『アナ雪』を抜き、堂々の第1位。また、アンジェリーナ・ジョリー主演作としても、『Mr.&Mrsスミス』(興行収入46.5億円)の週末記録も抜き、アンジー出演作史上No.1の記録となっている。

映画公開初日は、早朝から公開を待ちわびる熱心な『マレフィセント』ファンが劇場に押しかけた。ある劇場では、昼を過ぎた頃には夜以降の回が満席のため受付を終了。残念ながら、本編を見られずに劇場を後にする多くのファンが見受けられた。また本作は日本語吹替版も好調のスタートを切っている。オーロラ役を演じた上戸彩をはじめ、福田彩乃の演技はメディアからも高評価を獲得。本編の最後には大竹しのぶが歌う主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で」がマレフィセントの心情を見事に表現していると絶賛されている。

幅広いファンが劇場に来場し、これから夏休みを迎える事もあり、『アナ雪』同様に息の長い興行が期待されている。映画『マレフィセント』は2012年に公開した『レ・ミゼラブル』以来、初めて洋画実写作品で50億円を超える興行となる見込みだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:やっぱりディズニーは偉大! 『マレフィセント』
(c)2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年7月 7日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『Glee』リー・ミシェルもハッキング被害に! 妊娠報告をツイートされる!」です。

次のブログ記事は「マドンナが伝説のボクサーから大絶賛! その理由とは...!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。