40代の今が「大好き」と語るキャメロン・ディアス、子どもを持たない理由は?

| コメント(0)

1998年に公開された映画『メリーに首ったけ』で一躍ブレイクした25歳の当時から、ロマンティック・コメディのスターとして君臨し続けてきたキャメロン・ディアスは現在41歳。年齢とともに輝きを増しているキャメロンが、40代に突入したあとの人生や、子どもを持たない選択肢について米誌Esquire最新号のインタビューで語った。

【関連動画】浮気男に3人の女性がお仕置き!? もうひとつのキャメロン主演新作映画『The Other Woman』のインタビュー映像を入手!(W流)

アメリカで7月8日に発売されたEsquire8月号の表紙を飾り、その美しさにひときわ磨きをかけたことを証明したキャメロン。インタビューでは、40代の今が「大好き」だと語っている。その理由を、「今の自分は多くが削ぎ落とされた状態。主に恐怖がなくなった。40代は女性にとって最もいい時期だと思う。物事の対処の仕方がわかるし、細かいことも気にならなくなるわ。それに怖がらないようになる。男性がどう考えるかを心配しなくなるし、時が経つことに対する不安もなくなるの」とコメント。今が人生で最も気負いのない時期だと語った。

現在、人気ロックバンド、グッド・シャーロットのメンバーであるベンジー・マッデンと交際中のキャメロンは、友人いわく、とても幸せだという。しかしキャメロン自身は子どもを持つことは考えていないそうだ。「子どもを持つと今よりもすべきことが多くなる。赤ちゃんの時はかかりきりで、面倒を見るのは18年間、毎日続くでしょ。子どもを持たなければ、その分人生は楽かもしれないわ。でも単にそういう理由で子どもを持たないと決めたわけじゃない。私は人を守りたいと思うけど、母親になることに心惹かれたことは一度もないの」と話し、なぜ自身の人生に母親になるという選択肢がないのかを明かした。

母親になることを選ばずとも、自分らしく生きることに満足していると話すキャメロン。「母親をやっている人たちよりも気楽な人生だと思う。だからといって人生でつらいことがないというわけじゃない。自分は自分だし、私らしく生きている。今は自分にとってうまくいっている時期よ。これまで経験を積んできたし、あれこれ気にならなくなった」

一皮むけたと感じさせる潔さは、仕事の姿勢にも反映されているようだ。キャメロンは今週末に全米で公開されるコメディ映画『セックス・テープ(原題)』で、初めてのヌードを披露している。共演者のジェイソン・シーゲル(『ママと恋に落ちるまで』)にも触れながら、「ヌードになるのは初めてよ。でもジェイソンも脱いでいるわ。演技の一部にすぎないと思ったから、私もやった。しかも全部、見せちゃってるの」と明かしている。

40代になり、新たな魅力全開のキャメロンから今後も目が離せそうにない。(海外ドラマNAVI)

Photo:仕事も恋も充実してる様子ですね キャメロン・ディアス
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年7月14日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人気俳優ライアン・ゴズリングと交際中のエヴァ・メンデス、すでに妊娠7ヶ月!」です。

次のブログ記事は「ジャスティン・ビーバー、卵投げ事件に保護観察2年の処分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。