独身にさよなら! ジョージ・クルーニーが"理想の相手"と婚約!

| コメント(0)

20年間の独身生活を貫いているハリウッドきってのプレイボーイ、ジョージ・クルーニー。彼が婚約したというニュースが米Us Weeklyなどのメディアで報じられた。どうやらジョージはついに理想の相手と出会ったようだ。

【関連動画】ジョージ・クルーニー出演の『ゼロ・グラビティ』、アルフォンソ・キュアロン監督がキャスティングの裏話を暴露!(W流)

ジョージのお相手はイギリス人の法律家、アマル・アラムディンさん。去る4月23日、二人がウェストハリウッドで一緒に食事をしていた姿が目撃された。同じレストランに居合わせた人は、Us Weeklyに「彼らは婚約を祝っていました」と明かしたという。さらに、その目撃者いわく、ジョージは同伴者に婚約の報告をしていたとのこと。

アマルさんは52歳のジョージよりも16歳年下の36歳で、国際法や人権問題が専門の法律家。ロンドンでのデート現場を最初に目撃されたのが2013年の10月で、その頃ジョージはまだクロアチア人モデルのモニカ・ヤキシックと交際中だった。今年の2月にホワイトハウスで開かれた映画『ミケランジェロ・プロジェクト』の試写会では、ジョージはアマルさんをエスコートして登場。3月半ばには南アフリカのビーチで休暇を過ごしている様子をパパラッチされている。

ある情報源は二人の関係について、「ジョージにとって、これまでで最も健全な関係です」とUs Weeklyに語っている。「彼はとても幸せそうです。アマルはとても優しくて聡明で、自分の考えを持ったしっかりとした女性です」とアマルさんについてもコメントした。婚約のニュースを聞いた別の情報源は、「ジョージは賢くて品のある女性が好きですから、(婚約を聞いて)特に驚きませんでした。彼が最初に結婚したタリアも家柄がよく、とても聡明な女性でしたからね。ジョージは理想の女性を見つけてとても喜んでいます」と明かしている。

ジョージは1989年に女優のタリア・バルサム(『MAD MEN マッドメン』)と結婚し、1993年に離婚。その後、ジョージはさまざまな国籍の年下の美女たちと交際。イギリス人モデルのリサ・スノードン、イタリア人女優エリザベッタ・カナリスなどと浮き名を流した。

「結婚は向いていないと思った」と2013年12月に米Esquireで語ったジョージ。一方で、2012年1月には同誌に、「ほかの人たちの生き方には異論を唱えるつもりはない」と結婚そのものを否定しているわけではない様子をうかがわせた。(海外ドラマNAVI)

Photo:理想の相手と末長くお幸せに! ジョージ・クルーニー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2014年4月28日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『LOST』はいずれ復活する!? ショーランナーのカールトン・キューズが発言」です。

次のブログ記事は「片岡愛之助はマッツ・ミケルセン推し! 「海外ドラマの日」初代"海ドラニスト"に就任!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。