ルークとレイア姫、新作『スター・ウォーズ』に向けて減量を命ぜられる

| コメント(0)

シェイプアップを命ぜられたレイア姫ことキャリー・フィッシャーに続き、『スター・ウォーズ』旧三部作で若きジェダイの騎士、ルークを演じたマーク・ハミルにも減量命令が下ったようだ。関連筋の情報として英The Sunオンライン版が報じた。

J・J・エイブラムス率いる新作『スター・ウォーズ エピソード7』は、旧三部作の主要キャストが再び集結するとみられている。同作で、晩年のルークとレイア姫を演じるとされるキャリーとマークだが、旧三部作から35年の歳月が流れた今や、すっかりポッチャリ体型になってしまった。そこで製作側は、若き日の二人の面影を引き出すために、2013年末に始まる撮影に向けて、徹底した減量作戦を施すそうだ。

製作側は、今年61歳のマークと56歳のキャリーに、それぞれ専属の栄養士とパーソナルトレーナーをつけ、"旧三部作のイメージにできるだけ近い体型を取り戻す"ことを目標に専門指導を行う予定だという。「予算をたっぷり使える超大作ですから、費用は惜しみません。二人が目標を達成するまで、徹底サポートするつもりでしょう」と関係筋は漏らした。

一方、同じく新作へのカムバックが確実視されているハン・ソロことハリソン・フォードは、この減量作戦を免れたようだ。製作側は現在のハリソンの体型に十分満足しているとか。いずれにせよ、新シリーズの製作に向けて着々と準備が進められている様子だ。懐かしい主要キャラクターたちが新作でどんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:奥の手はCG処理!? マーク・ハミル
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2013年6月28日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『マッドメン』シーズン6、最終話が最高視聴者数を更新」です。

次のブログ記事は「『glee』グリー部の新入部員5名がレギュラーに昇格! 一方、降板発表も...!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。