『Elementary』女性版ワトソンはジョークから生まれたアイデアだった!?

| コメント(0)

現代ニューヨークを舞台に名探偵ホームズが活躍する米CBSのドラマ『Elementary』。本作はルーシー・リューが初の女性版ワトソンを演じることでも話題だが、このキャスティングが番組クリエイター、ロブ・ドハティのちょっとした遊び心から生まれたアイデアだったことがわかった。

ドハティは米The Hollywood Reporter最新号で次のように明かした。「(女性版ワトソンのアイデアは)もともとジョークめいた思いつきだった」番組を制作するにあたり、ドハティは原作の登場人物を徹底分析したという。その中で、多くの研究家がシャーロックを"女性嫌い"と分析していることに気づいたそうだ。

「そこで思ったんだ。もし助手のワトソンが苦手な女性だったら、ホームズは最高にイラつくだろうとね。この思いつきをすぐに書き留めたよ」ドハティはリサーチを続けたが、このアイデアが頭から離れず、どうしても「女性版ワトソンのキャスティングで、ホームズを心理的に追い詰めてみたくなった」という。

こうしてジョニー・リー・ミラーとルーシーの男女コンビによる、異色のホームズドラマが生まれたそうだ。本シリーズは、批評家からも高く評価され、週間視聴者数1390万人を記録し、シーズンを通して今年秋の新作ドラマ最高の視聴者数を集める大ヒットをマークしている。(海外ドラマNAVI)


Photo:『Elementary』
(c)2012 CBS Studios Inc.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年12月25日 20:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「彼氏も絶賛! 『リベンジ』エミリー・ヴァンキャンプ、スッピンに自信アリ」です。

次のブログ記事は「リンジー・ローハンが映画の撮影でチャーリー・シーンとのキスを拒否!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。