新春特別ドラマ『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』は、1月1日から3夜連続放送!

| コメント(0)

第64回エミー賞で計16個もの大量ノミネートを獲得し、主演のケヴィン・コスナー(『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『ボディガード』)がミニシリーズ/TVムービー主演男優賞を受賞したのをはじめ、合計5部門でアワードに輝いた超大作歴史ドラマ『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』。本作が、2013年の元旦から3夜連続で放送されることとなった。

19世紀、ウェストヴァージニア州のハットフィールド家とケンタッキー州のマッコイ家という二つの家族は、川を挟んだ土地にそれぞれ暮らし、長きにわたり愛と憎しみが絡む因縁を続けていた。両家の家長、アンス・ハットフィールドとランドール・マッコイは、南北戦争で共に戦った仲だったが、アンスが脱走し、また北軍兵として戦ったランドールの弟ハーモンがアンスのおじジム・ヴァンスに殺されたことから、両家の間に軋轢が生じていたのだ。そんな中、アンスの息子ジョンジーとランドールの娘ロザンナが互いに愛し合うようになり、両家の対立がさらに激化して...。

2012年5月全米ヒストリー局にて放送され、米国で"ハットフィールド&マッコイ"といえば"ライバルとの激しい争い"を指す言葉になったほどのインパクトを与えた本作。ケヴィン・レイノルズ(『ウォーターワールド』)が監督し、ケヴィン・コスナーをはじめ、ビル・パクストン(『タイタニック』)、トム・ベレンジャー(『インセプション』)など、実力派の俳優が迫力ある壮大な歴史叙事詩を作り上げている。

『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』は、WOWOWプライムにて1月1日(火・祝)~3日(木)20:00から放送。(全3話)

出演:ケヴィン・コスナー("デビル"・アンス・ハットフィールド/声:大塚明夫)
   ビル・パクストン(ランドール・マッコイ/声:立木文彦)
   トム・ベレンジャー(ジム・ヴァンス/声:樋浦勉)
   パワーズ・ブース(ウォール/声:土師孝也)
   アンドリュー・ハワード("バッド"・フランク・フィリップス/声:東地宏樹)
   ジェナ・マローン(ナンシー/声:木下紗華)
   メア・ウィニンガム(サリー/声:小宮和枝)
   サラ・パリッシュ(レヴィシー/声:勝生真沙子)
   リンゼイ・パルシファー(ロザンナ/声:小島幸子)
   ロナン・ヴィバート(ペリー・クライン/声:谷昌樹)

(海外ドラマNAVI)


(c)2012 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年11月30日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『LOST』エヴァンジェリン・リリーが大胆にイメチェン!」です。

次のブログ記事は「『アメアイ』キャリー・アンダーウッドが『サウンド・オブ・ミュージック』主演に抜擢!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。