『フォーリング スカイズ』のノア・ワイリー、戦闘シーンはベッドシーンと同じ!?

| コメント(0)

エイリアンに侵略された世界を舞台にしたSFドラマ『フォーリング スカイズ』。このドラマで、エイリアンと戦う市民軍のリーダーを演じる主演俳優ノア・ワイリーが「戦闘シーンを演じるのは、ベッドシーンみたいだ」と話しているが、はたしてその心は?

エンタメ情報サイトMetroによると、戦闘シーンをリアルに演じる点についてノアは「ベッドシーンと同じさ。カッコよく見える振付けをすれば、見栄えがするんだ。適当に動けば動くほど、見た目もどんどんダメな感じになる。それに適当に動いて、重傷や一生残る傷を負ったら大変だ」と話している。

同ドラマでアクションをするにあたって準備をしたのかという問いには、「するべきだった。撮影が始まってすぐに、窓から飛び出すシーンがあるからね。でも今回は事前にトレーニングする時間がなかった」とノア。しかし「撮影前に比べて、撮影後の方が、体が締まってくるんだ。撮影中に走って飛び跳ねたりするし、高いところから降りたり、重いマシンガンを持ったりするからね。撮影用のマシンガンに弾丸は入っていないけれど、本当に重いんだ」と話した。

『フォーリング スカイズ』でノアの体当たりの活躍に注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ノア・ワイリー
Copyright 2010 Empress Media Asset Management, LLC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年7月 5日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『glee』コード・オーバーストリート、シーズン4でついにレギュラーへ」です。

次のブログ記事は「今を生きる女性たちに贈るコメディドラマ『私はラブ・リーガル』、Dlifeにて放送開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。