ギャラ交渉が一件落着! 『モダン・ファミリー』のキャストが制作会社への訴訟を取り下げる

| コメント(0)

『モダン・ファミリー』の主要キャストがギャラ交渉の末に20世紀フォックステレビジョンを提訴した件だが、状況はここへきて一転。訴訟に踏み切ったキャスト5名全員が提示されたオファーに合意し、訴訟を取り下げたことがわかった。

米E!Onlineによると、今回契約が更新されたのは、タイ・バーレル(フィル)、ジュリー・ボーウェン(クレア)、ジェシー・タイラー・ファーガソン(ミッチェル)、エリック・ストーンストリート(キャメロン)、ソフィア・ヴァーガラ(グロリア)と、金額が高額なため個別にギャラ交渉を行っていたエド・オニール(ジェイ)の6名。7月30日から予定されているシーズン4の撮影は、当初延期されるだろうと思われていたが、今回の契約更新でスケジュールどおり開始されるとのこと。

『モダン・ファミリー』のエグゼクティブ・プロデューサー、クリストファー・ロイドはこの土壇場での合意について、「我々はみな分別のある大人で、誰一人、この問題を週末に持ち越したいと考えている者はいなかった。合意に至るには皆の努力があったはず。とにかく、問題が長引かずシーズン4の撮影を開始できることを嬉しく思うよ」とコメント。さらに、「長く番組を続けると、このような契約更新の問題はかならず越えなければならないハードル。特に驚くことじゃないよ」と、高額なギャラをめぐる対立による番組のイメージダウンを払しょくするように語った。

何はともあれ、メインのキャラクター達が誰も一人も欠けることなくシーズン4に登場するのは、ファンにとってなによりの朗報。今後も明るく愉快で超個性的な『モダン・ファミリー』を見続けたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:エド・オニール
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年7月30日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『glee』コード・オーバーストリート、シーズン4へのレギュラー出演が正式決定!」です。

次のブログ記事は「アガサ・クリスティの誕生日は、日本初放送のクリスティ4作品でお祝いを!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。