『glee』をフィーチャーしたアメコミ『Archie Meets Glee』の企画が明かされる!

| コメント(0)

大人気ミュージカルドラマ『glee/グリー』と、アメリカのティーン向けコミック『Archie』のコラボレーションが実現するという。『Archie』の出版社アーチー・コミック・パブリケーションズの共同CEO(最高経営責任者)であるジョン・ゴールドウォーターが、サンディエゴで今月12日より開催される「Comic-Con International:San Diego 2012」(以下、コミコン)に先立ち、発表。『glee』のメンバーが登場するアメコミ『Archie Meets Glee』を企画している。

『Archie』は、アーチー・コミック・パブリケーションズが手がけるアメコミ界でも最も歴史あるブランドの1つ、アーチー・コミックスの看板コミックで、主人公アーチーと仲間たちを描いたロングランシリーズ。今回発表された『glee』とのクロスオーバー企画『Archie Meets Glee』でライターを務めるのは、『glee』の脚本家の一人であるロベルト・アギーレ・サカサであるという。

ゴールドウォーターによると、昨年ニューヨークで開催されたコミコンで、アギーレ・サカサがアーチー・コミック・パブリケーションズのブースに立ち寄ったことで、ゴールドウォーターと出会い、友情に発展。今回のコラボレーションにつながったのだとか。また、アギーレ・サカサも『Archie』の長年のファンだったそうだ。「ロベルトが『Archie』のファンだということがわかってね。彼の最近のハロウィーンの衣装はアーチーなんだよ」とゴールドウォーターは明かした。

同時に、このコラボレーションについてアギーレ・サカサは、「アーチー・コミックスのためにずっと書きたいと思ってた。『glee』と『Archie』には共通点があるんだ。双方とも舞台は高校で、楽天的なタッチで描かれ、歌にかかわりがある。だから『Archie Meets Glee』はすばらしい作品になると思った」と話し、今回の企画が彼にとって願ってもないものであったことを告白した。

ゴールドウォーターによると、『Archie Meets Glee』には両作品から複数のキャラクターがフィーチャーされるという。平行世界を含んだ内容となり、ダンスやシリアスな歌のシーンも描かれるというが、筋書きは今のころ極秘の模様。出版の時期については、今年の終わりか来年の初め頃からを予定しているという。

『glee』のメンバーがどのような形でアメコミに登場するのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『glee/グリー』
(c)2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation_ All rights reserved

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年7月12日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ドーソンズ・クリーク』映画化まであと一歩!? ケイティ・ホームズ、映画出演に反対していたトム・クルーズとの離婚合意。」です。

次のブログ記事は「『マッドメン』ジョン・ハムと『glee』コード・オーバーストリート、球宴で大活躍!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。