『ニキータ』シーズン3からオーウェン役のデヴォン・サワがレギュラーに昇格

| コメント(0)

『NIKITA/ニキータ』にオーウェン役でゲスト出演しているデヴォン・サワが、シーズン3よりレギュラーキャストに昇格することが明らかになった。

クリエイターでありショウランナー(脚本総指揮)のクレイグ・シルバースタインは、「オーウェンの再登場を僕たちはとても喜んでいる。すでに十分刺激的なキャストに、彼がさらなる興奮をもたらしてくれるのを楽しみにしているんだ」と米TVLineに語ったという。

シーズン1の第5話で初登場したオーウェンは、ディヴィジョンの機密情報が詰まった"ブラック・ボックス"を守るガーディアンだった人物。シーズン2にも複数話に登場し、引き続きニキータ(マギー・Q)やマイケル(シェーン・ウェスト)と絡むことになる。シルバースタインはシーズン3の筋書きについて何も明かしていないが、TVLineはオーウェンがニキータとマイケルの恋を阻む存在になる可能性もあるのでは?と見ているようだ。

デヴォン以外にすでにシーズン3でレギュラー昇格が決定しているのは、CIAエージェントのライアン・フレッチャー役を演じるノア・ビーン。彼もシーズン1からゲスト出演しており、シーズン2にも何度か姿を見せる。

ちなみに、デヴォンは映画『キャスパー』で、人間の少年に姿に変えた時のお化けのキャスパーを演じていた。ノアは、『ダメージ』シーズン1でエレン(ローズ・バーン)の婚約者デービッド・コナー役に扮した俳優だ。

日本では、『ニキータ』シーズン2の字幕版が8月5日、吹替版が8月9日からAXNで放送開始となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:デヴォン・サワ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年7月13日 21:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ウィル&グレイス』エリック・マコーマック、人気コメディアンにカナダ出身者が多い理由について語る」です。

次のブログ記事は「クロエ・セヴィニーがイギリスのドラマで性転換した殺し屋を演じる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。