【ネタばれ】『私はラブ・リーガル』にプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズが出演

| コメント(0)

プロテニスプレイヤーとして4大国際大会で4連勝を果たした記録を持ち、姉ビーナスと同じく強打を繰り出すパワフルなプレイで知られるセリーナ・ウィリアムズ。そんな彼女が、6月から米LifetimeでOAされる『私はラブ・リーガル』シーズン4に弁護士役でゲスト出演することがわかった。

米Entertainment Weeklyによると、本作のクリエイターであるジョシュ・バーマンが「セリーナが番組のファンだって聞いたから、彼女に直接コンタクトを取ったんだ」と、出演の経緯を明かしたという。さらにバーマンは、「脚本家たちは、この役を彼女のために特別に作り上げた。セリーナとの撮影が待ちきれないよ」と、期待を込めて語ったそうだ。

(以下、ネタばれを含むので注意!)


セリーナの役どころは、ケリーという名の家族法専門の弁護士。ケリーは、シーズン3から登場するパーカーの元恋人エリサ(ブランディ・ノーウッド)の弁護士として登場する。実はシーズン3終盤で、主人公ジェーン(ブルック・エリオット)の上司であるパーカー(ジョシュ・スタンバーグ)が、エリサの息子が自分の子だと知ってしまう。そしてシーズン4では、どうやらパーカーとエリサが息子の親権を巡って法的に争うことになり、ケリーがエリカを弁護するといった展開になる模様。テニスの試合では審判に暴言を吐き、罰金を科せられたこともあるセリーナ。熱くなりやすい一面を持つ彼女が、ドラマの中でどんな弁護士に扮するのか気になるところ。

ちなみにセリーナのドラマ出演はこれが初めてではない。過去にも『5人の女刑事たち ザ・ディヴィジョン』『ER 緊急救命室』『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』などへの出演経験がある。(海外ドラマNAVI)

Photo:セリーナ・ウィリアムズ
(c)Megumi Torii / www.HollywoodNewsWire.net

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月29日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AKB篠田麻里子が男たちをなぎ倒す! 『コバート・アフェア』DVDは4月18日リリース!」です。

次のブログ記事は「動画配信の話も折り合わず、『テラノバ』ついに終了か!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。