『マッドメン』主演のジョン・ハム、「自分をハンサムだと思ったことはない」

| コメント(0)

大人気ドラマ『MAD MEN マッドメン』で暗い過去を持つ主人公ドン・ドレイパーを演じるジョン・ハム。本作で一躍脚光を浴び、イケメン俳優としてスターの仲間入りを果たした印象の強いジョンだが、自身をハンサムだと思ったことは一度もないそうだ。

ジョンは世間から容姿をほめられることについて感謝する一方で、本人は自身の外見に注目したことはないという。米ピッツバーグの地元紙Pittsburgh Post-Gazetteのインタビューで、「僕は自分をハンサムだとは思ったことがない。そういう言葉はブラッド・ピットやライアン・レイノルズのためにある」と語ったジョン。「僕自身は普通の人間でいたいし、役者としてできるだけいろんな役柄に挑戦したいと思ってる」と明かし、イケメン俳優としてチヤホヤされるよりも、いい俳優でいることが彼にとって大切であると説明した。

さらに、ごく普通の生活を送っているというジョンは、本作で得た名声に戸惑うことがあるという。「世間からもてはやされるのは、すごく奇妙な感じだ。いろんなことが目まぐるしく起こったから特にね。『マッドメン』は瞬く間にヒットして、ゴールデングローブ賞もエミー賞も取った。激しい渦巻きの中にいるみたいだったよ」と胸中を明かし、「僕はかなり落ち着いた人生を送ってきた。つまり、恋人もいるし、家も持ってるし、犬も飼ってる。そんな生活だ。今はその中に奇妙な変化が同居してるみたいだ」と語り、地に足のついた生活を送る等身大の自分と、現在置かれている自身の状況とのギャップを明かした。

遅咲きのスターとして知られる41歳のジョン。一夜にして得た名声に浮き足立たない様子には、プロとしての意識の高さが感じられる。今後のさらなる活躍に期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ハム
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net


コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月22日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『プリティ・リトル・ライアーズ』のキャスト達が"A"の正体について予想!!」です。

次のブログ記事は「嬉しい予想外! 『Dr.HOUSE』フィナーレにオリヴィア・ワイルドが再登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。