アメリカで『ヴェロニカ・マーズ』再熱! 再放送が決定したが映画化は?

| コメント(0)

女子学生ヴェロニカ(クリスティン・ベル)が探偵として事件を捜査する青春ミステリードラマ『ヴェロニカ・マーズ』。2007年に突然シーズン3で打ち切りとなったものの、熱烈なファンが多い本シリーズの再放送が決定した。米Huffington Postによれば、本シリーズを再放送するのは米ケーブル局SOAPnet。アメリカで4月から放送開始となる模様だ。

ピーク時の視聴者数は約350万人と、驚くほどの数ではないが、とにかく熱心なファンが多いことで有名な『ヴェロニカ~』。かつてシリーズ継続が危ぶまれた時には、ファンが放送局に出向き、継続を求めたこともあるという。2007年に放送終了となってからは映画化を望む声が多く、主演のクリスティンも自ら映画化嘆願運動を呼びかけていた。その後、映画製作の話が何度も出ては消えていったが、クリスティンは昨年12月にHuffington Postに対して「実現するかは分からないけど、可能性はゼロではない」とコメントし、映画化をあきらめていないことを明かした。さらに、シリーズの製作総指揮を務めたロブ・トーマスも、自身のツイッター上で、映画化の話が完全になくなったわけではないことを、ほのめかしている。

再放送とはいえ、また『ヴェロニカ~』が観られるのは、ファンにとってはかなり嬉しいニュース。この再放送で話題を呼び映画版の製作が決定、なんてこともあるかも!?(海外ドラマNAVI)

Photo:『ヴェロニカ・マーズ』

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月16日 16:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予算交渉が難航!? 映画版『24』が製作延期へ...」です。

次のブログ記事は「ギャラが高すぎる!? 『ハーパー★ボーイズ』のシーズン更新がピンチ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。