舞台は上海! 『ゴシップガール』が中国でリメイクされる! 

| コメント(0)

ニューヨークで最もハイソな地区アッパー・イースト・サイドに暮らす高校生のゴージャスなライフスタイル描いたドラマ『ゴシップガール』。アメリカで製作され、日本でも人気を集める同作が、中国でリメイクされることが明らかになった。

米ロサンゼルス・タイムズ紙などが報じたところによると、中国版の舞台は上海。主人公はすでに大学生で、同地の名門国際大学に通っている設定になるという。配役が決まっているのは、ドラマ『宮』などで人気がブレイクした女優ヤン・ミー(楊冪)。ドラマは1時間で全30話の予定。

中国版の製作には、オリジナルを手掛けるワーナー・ブラザースやクリエーター勢が監修に加わるなど、米中の合同チームが結成された模様。本家を製作するステファニー・サヴェージとジョシュ・シュワルツは、「主人公たちは最初、自分を見失っているのだが、本当の自分を見出して、夢に向かう道を進むようになる」とあらすじの構想を語っている。

過激で破天荒な恋愛模様が特徴の『ゴシップガール』。しかし、中国では当局の厳しい検閲の目が光っている。こうしたドラマを特徴づけている部分がどうリメイクされるのかにも注目が集まる。

仮タイトルは『China Girl(チャイナ・ガール)』。この中国版『ゴシップガール』は、今年11月から放送予定という。(海外ドラマNAVI)

(c)Warner Bros. Entertainment Inc.


201203080010000thumb.jpg

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月 8日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『マッドメン』の撮影はキケン!? 主演俳優ジョン・ハムが撮影中のケガについて語る」です。

次のブログ記事は「『テラノバ』シーズン1で打ち切り! 他局で続行する可能性もアリ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。