『アメリカン・ホラー・ストーリー』ザッカリー・クイントがシーズン2のレギュラーに決定!

| コメント(0)

米FX局のホラードラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン1にゲスト出演したザッカリー・クイント(『HEROES/ヒーローズ』)が、同作シーズン2のレギュラーに決定した。シーズン1では、物語の舞台となる呪われた洋館の元オーナーを演じたザッカリーだが、今回は別のキャラクターを演じるようだ。

米Deadline.comによると、ザッカリーは主要キャストの一人として、ジェシカ・ラングの宿敵を演じるとのことだ。ジェシカはシーズン1で、呪われた洋館の隣人コンスタンスを演じたが、シーズン2ではザッカリー同様、新たなキャラクターに扮する。また、以前から同作への復帰を熱望していたザッカリーは、米E! Onlineに対して「最高の時間を過ごしたよ。来シーズンは全く違うものになるかもしれないけど、また出演したい。本当に素晴らしい経験だったからね」と、意欲を見せていた。

製作総指揮のライアン・マーフィーは、シーズン2ではジェシカのキャラクターを中心に物語が展開することを告白。さらに、現在ロサンゼルスで開催中のイベント"Paley Fest 2012"で、ジェシカとザッカリーに加えて、エヴァン・ピーターズ(テイト)、リリー・レーブ(ノーラ)、サラ・ポールソン(ビリー)もシーズン2に出演すると発表した。ちなみに、この三人もシーズン1とは違うキャラクターを演じる模様だ。

念願かなって同作への出演(しかも主要キャスト!)が決まったザッカリー。今度はどんなキャラクターを演じるのだろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:ザッカリー・クイント
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

201203050010000thumb.jpg

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月 5日 13:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『Smash』キャサリン・マクフィー、過食症の経験から容姿に自信が持てない!?」です。

次のブログ記事は「『マッドメン』の看板広告に、9.11テロ犠牲者の家族が抗議」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。