『ウォーキング・デッド』シーズン2最終話、局の最高視聴者数をマーク!

| コメント(0)

今月18日にアメリカでOAされたゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン2の最終話が、米AMCの最高視聴者数を記録した。

日曜夜に放送されたシーズン2最終話は、18~49歳の成人視聴者層で600万人、全体で900万人が視聴するという快挙を達成。米Varietyによると、本エピソードは再放送でも150万人が視聴しており、総計すると視聴者数が1050万人にのぼるそうだ。また、2月から再開したシーズン2後半の初回放送では810万人を稼ぎ出し、現在、この記録が同局で2番目に高い視聴者数となっている。AMCといえば、『MADMEN マッドメン』や『ブレイキング・バッド』などの人気番組を抱える局だが、『ウォーキング・デッド』はこうしたヒット作を制し同局のナンバーワンに君臨しているというわけだ。

こうして絶好調のままシーズン2の幕を下ろした『ウォーキング・デッド』。シーズン3では、『ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』や『LAW & ORDER』にゲスト出演した経験のあるダナイ・グリラがレギュラーキャストに加わることが決定している。彼女の役どころは、原作コミックで重要なキャラとして描かれている女剣士ミショーン。シーズン2最終話にもチラリと姿を見せ、ある人物を危機から救うことになる。

さらに、【海外ドラマNAVI】サイトの"アメリカ支局なう"でもお伝えしているとおり、先日ロサンゼルスで開催された『ウォーキング・デッド』のゾンビ・オーディションでは日本人女性が見事優勝し、シーズン3への出演権を獲得した。アメリカのドラマでゾンビに扮する彼女の姿にも注目したい。(海外ドラマNAVI)

(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年3月23日 13:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛は強し!? 『30 ROCK』アレック・ボールドウィン、恋人が受けた迷惑行為にツイッター上で大反撃!」です。

次のブログ記事は「『プリティ・リトル・ライアーズ』が驚異的なツイート数を記録!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。