『マッドメン』クリスティナ・ヘンドリックス、映画出演のためロンドン訛りを練習中!

| コメント(0)

『MADMEN マッドメン』でセクシーな秘書ジョーン・ホールウェイを演じるクリスティナ・ヘンドリックスが、ロンドン特有のアクセントを習得すべくトレーニングを受けているらしい。

英ゴシップ誌STAR Magazineオンライン版では、サリー・ポッター監督(『耳に残るは君の歌声』など)の新作『Bomb』に出演することになったクリスティナが、役作りのためロンドンの下町訛りを練習中と話題に。さらに英デイリー・テレグラフ紙のインタビューでクリスティナは、「声を変えようとしているの。ロンドン東部出身の女性を演じるから、ボイスコーチについてもらっているわ」と明かし、「イギリスの人たちはアクセントが違うとすぐに気づくの。だから、私は必ず正しいアクセントを身につけるわ」と、完璧なロンドン訛りの習得に意欲を見せている。

クリスティナが生粋のロンドンっ子を演じる映画『Bomb』は、1960年代の原水爆禁止運動にのめり込む二人の若者が描かれる。撮影も、もちろんロンドンで行われる。父親はイギリス人だが、生まれも育ちもアメリカであるクリスティナが、どこまでロンドンっ子に近づけるのか。『マッドメン』のジョーンからは想像もつかないような独特の訛りを身につけて、クリスティナがどんな変身を遂げるのか期待が高まる。(海外ドラマNAVI)

クリスティナ・ヘンドリックス


コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このブログ記事について

このページは、海外ドラマNAVIが2012年2月16日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奇妙な偶然。『CHUCK/チャック』のエピソードでビンラディンが標的になっていた!?」です。

次のブログ記事は「『デス妻』ファイナルシーズンにブリーの息子が再登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。