今見るべき一押しドラマ!
『ウェイワード・パインズ』シーズン2にあのオスカー候補が出演決定

ジャイモン・フンスー米FOXのミステリードラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』のシーズン2に、ジャイモン・フンスー(『グラディエーター』)の出演が決まった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ウェイワード・パインズ 出口のない街』M・ナイト・シャマラン監督インタビュー 「常にその先を知りたいという好奇心がアイデアの源になっているんだ」

『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』と『ブラッド・ダイヤモンド』で2度アカデミー賞にノミネートされた彼が本作で演じるのは、ウェイワード・パインズのもともとの住人CJ・ミッチャム。街の複雑な起源に関する知識を豊富に持つ歴史家で、現在のウェイワード・パインズと第一世代の間を取り持つことができるキャラクターだ。シーズン2は、シーズン1のその後の世界で、ウェイワード・パインズの住人が第一世代の独裁支配と闘う様子が描かれる。様々な事件が起きる中、冷静で思慮深いミッチャムは、ウェイワード・パインズとそこで暮らす人々の運命を揺るがす決断をする。

このシーズンは、ジェイソン・パトリック(『スピード2』)が新たな主人公テオ・イェドリンを演じることがすでに発表されている。外科医であるテオは、ウェイワード・パインズの住人のリーダー的な存在となっていく。

ブレイク・クラウチのベストセラー小説を映像化した本作は、M・ナイト・シャマラン(『シックス・センス』)、ドナルド・デ・ライン(『バーレスク』)、アシュウィン・ラジャン(『ヴィジット』)、マーク・フリードマン(『BELIEVE/ビリーブ』)らが製作総指揮を務め、シーズン2からは原作者のクラウチも加わる。

『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2は、今夏放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジャイモン・フンスー
(C)Akira Shimada/www.HollywoodNewsWire.net