ジェニファー・モリソン(Jennifer Morrison)

ジェニファー・モリソン
シェアする
2011年よりアメリカABC系列で放送がスタートしたファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』で、魔女に呪いをかけられた街の救世主となるヒロイン、エマを演じるジェニファー・モリソン。今回は今、のりにのったジェニファーの女優人生にフォーカスしたい。 【関連特集】大人のためのファンタジードラマいよ

ケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)

ケヴィン・スペイシー
シェアする
ネット配信番組では史上初のノミネートとなり、今年のエミー賞の台風の目として注目されている『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。放送当初から、鬼才デヴィッド・フィンチャーと映画で活躍する大物俳優ケヴィン・スペイシーがタッグを組んだということもあり、話題をさらっていた。自分を裏切った大統領と首席補佐官に

スティーヴン・アメル(Stephen Amell)

スティーヴン・アメル
シェアする
2012年より全米で放送開始となったヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』。放送開始前から評価の高かった作品だが、放送開始してからも高い人気をキープしている。その主役オリバー・クィーンならびにグリーンアローをワイルドに演じるのが誰でもない若きカナダ人俳優のスティーヴン・アメルだ。 ★関連特集

クレア・デインズ(Claire Danes)

クレア・デインズ
シェアする
2011年にスタートした『HOMELAND』で、心の病に翻弄されつつも正義感溢れるCIA捜査官、キャリー・マティソンを演じ、圧倒的な演技力を見せつけたクレア・デインズ。たくさんのメディアが賞賛する中に"アイドル女優の復活!"という見出しが目立ったが、実際は若い頃にティーンを多く演じただけで、決してア

ケイト・ウォルシュ(Kate Walsh)

ケイト・ウォルシュ
シェアする
ハートフル医療ドラマ『プライベート・プラクティス』のアディソン役がすっかり定着したケイト・ウォルシュ。「クール」で「仕事のできる女子代表」というイメージの強い彼女だが、ほかにどんな顔を持っているのだろう。今回はプライベートも含んだ彼女の素顔に迫ってみたいと思う。 【関連特集】完全無料のBSテレビ局、

ジェームズ・ピュアフォイ(James Purefoy)

ジェームズ・ピュアフォイ
シェアする
この俳優には、独特の色気がある。 危険な男だとわかりながら、惹かれてしまいそうな...麻薬のような男。 「あんたなんか嫌いよ」と突っぱねながらも、最後になぜか夢中になってしまうような...憎たらしい男。 甘い言葉をささやきながらも、本心はどこにあるのかわからないような...食えない男。 ジェームズ・

ジェイミー・キャンベル・バウアー(Jamie Campbell Bower)

ジェイミー・キャンベル・バウアー
シェアする
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』、『トワイライト』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズといった視覚面で一癖も二癖もある映画の中でひと際目を引く若手、それがジェイミー・キャンベル・バウアーだ。印象的なアクアブルーの瞳に長めのブロンドと、いわゆるイケメンなのだが、若さゆえに残る女性的

サイモン・ベイカー(Simon Baker)

サイモン・ベイカー
シェアする
『THE MENTALIST/メンタリストの捜査ファイル』で犯罪コンサルタントのパトリック・ジェーンを演じるサイモン・ベイカー。サイモンのイメージといえば知的で穏やか、優しい眼差し、そして人を魅了する笑顔。一見、ただのお調子者のようだが、予想不可能な行動を取り、爽やかな笑顔の裏で人の心に潜む秘密を暴

マイケル・インペリオリ(Michael Imperioli)

マイケル・インペリオリ
シェアする
『ゴッドファーザー』TV版と名高いアメリカのマフィア系ドラマ『ザ・ソプラノズ』に出演し、同作で見事エミー賞男優賞を獲得したマイケル・インペリオリ。同作で定着した"イタリア系マフィア"のイメージに負けることなく、シリーズ終了後にもリアルな犯罪刑事ドラマ『デトロイト1-8-7』など次々とTVドラマシリー

テイ・ディグス(Taye Diggs)

テイ・ディグス
シェアする
ハートフル医療ドラマ『プライベート・プラクティス』では優しくて頼れる内科医サムを、タイムループ・サスペンスドラマ『デイ・ブレイク』では追い詰められる絶体絶命の主人公ホッパーを演じるテイ・ディグス。今やアメリカのTVドラマ界になくてはならない存在の彼だが、実はブロードウェイ出身の名ミュージカル俳優でも

ダナ・デラニー(Dana Delany)

ダナ・デラニー
シェアする
2011年より全米で放送がスタートした検死クライム・ミステリー『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』で、孤高の美人天才検死官ミーガン・ハントを演じているダナ・デラニー。「有能で仕事においては情熱的だが、プライベートでは複雑な問題を多々抱えて葛藤する女性主人公」という難しい役柄をこなしている。作内での

クリス・オドネル(Chris O'Donnell)

クリス・オドネル
シェアする
現在、アメリカで絶賛放送中の犯罪ドラマ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』で、心の闇を抱える捜査官G・カレンを演じているクリス・オドネル。TVシリーズでの主演は初となるものの1990年にスクリーンデビューしてから今日まで、映画やらTVドラマやらに絶えることなく出演していたまさにアメリカが誇る実力派俳

LL・クール・J(LL Cool J)

LL・クール・J
シェアする
「4年間は音楽を休んで、TVドラマをやったり新たなことに挑戦したりしたが、自分のルーツに戻るべき時期に来たと感じているんだ」。 2012年のMTVのインタビューでこんなコメントを残した、歌手であり俳優でもあるLL・クール・J。実力派俳優クリス・オドネルとの名コンビが話題を呼んだ犯罪ドラマ『NCIS:

ジョー・マンガニエロ(Joe Manganiello)

ジョー・マンガニエロ
シェアする
ヴァンパイア作品の先駆け的存在の人気ドラマ『トゥルーブラッド』シーズン3で、輝く筋肉が眩しいセクシー狼男を演じているジョー・マンガニエロ。身長2メートル近くの美しき肉体に躍動感たっぷりの演技。今、この男の虜になる女性が世界で急増している。第二の青春真っ只中の35歳、セクシー男の魅力とは? ペンシルベ

ブルック・エリオット(Brooke Elliott)

ブルック・エリオット
シェアする
はっきりいって、連続ドラマのヒロインにはなりにくいタイプだと思う。 特に「演技力は二の次」なアイドル女優だらけの日本だったらなおさら。コミカルな脇役ばかり回ってきていただろう。 そんな彼女が、日曜夜9時枠のドラマに主演。「当たらなければ即キャンセル」が常識のアメリカテレビ界で、番組はすでに4シーズン

ガブリエル・マクト(Gabriel Macht)

ガブリエル・マクト
シェアする
2012年10月よりユニバーサルチャンネルにて放送開始となるニューヨークを舞台としたリーガルドラマ『SUITS/スーツ』で、身なりも経歴も実績も超一流のエリート弁護士ハーヴィーを演じている俳優ガブリエル・マクト。同作で披露する鍛え上げられたボディとツヤツヤお肌は御歳40歳にはとても見えない。こんな色

ジム・カヴィーゼル(Jim Caviezel)

ジム・カヴィーゼル
シェアする
『パーソン・オブ・インタレスト』で人知れず犯罪と戦う寡黙なヒーロー、ジョン・リースを演じているジム・カヴィーゼル。劇中鮮やかなアクションも披露している彼だが、もともとスポーツ一家ということもあり、学生時代はNBAを目指していたと言う抜群の運動神経の持ち主。 そんな彼が怪我でバスケの道を断念し、俳優デ

ドニー・ウォールバーグ(Donnie Wahlberg)

ドニー・ウォールバーグ
シェアする
映画『シックス・センス』で主演ブルース・ウィルスを撃ち殺す精神異常者や映画『ソウ』シリーズでの気性の荒いエリック刑事など、強烈な演技で観ているこちらを圧倒するドニー・ウォールバーグ。主演クラスから脇役まで、彼の演じる"その役"にはいつも気迫を感じる。それは、彼がかつてアメリカの音楽界にて一世を風靡し

J.J.エイブラムス(J.J. Abrams)

J.J.エイブラムス
シェアする
「短気で同じことを長期間続けられない」との自己分析どおり、複数のプロジェクトを同時進行しつつ新企画にも着手。製作・監督だけでなく脚本・音楽もこなし、超多忙を極めるJ.J.エイブラムス。いまやハリウッドで一、二を争う人気クリエイターだ。 「予測不可能」「壮大なミステリー」「謎が謎を呼ぶ」―― これらは

ネイサン・フィリオン(Nathan Fillion)

ネイサン・フィリオン
シェアする
『キャッスル』で茶目っ気たっぷりなミステリー作家の主人公、キャッスルを演じているネイサン・フィリオン。一般的には『デスパレートな妻たち』シーズン4で、キャサリンの夫アダム・メイフェア役でお茶の間にも広く顔を知られるようになったが、SFファン的には伝説なカルト・ドラマ『ファイアーフライ 宇宙大戦争』の

フォトギャラリー

  • シャーロック&ジョンのコンビ復活!『SHERLOCK』シーズン4 場面写真
  • ジョニー・デップはじめ豪華キャストが集結!『オリエント急行殺人事件』ワールドプレミア
  • 可憐なプリンセスからヴィランへの復活!?『ディセンダント2』マルの七変化!
  • トム・ホランドの和太鼓演奏?!『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパンプレミア

海外ドラマを盛り上げよう

PAGE UP