キット・ハリントン(Kit Harington)

世界中で大ヒットしている大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は多くのキャストを一躍人気スターへと押し上げたが、その中でも大ブレイクを果たした一人がジョン・スノウ役のキット・ハリントンだろう。北部の領主ネッド・スタークの落とし子(私生児)として育てられたが、人々を侵略から守る番人、"ナイト・ウォッチ"として生きる道を選んだ青年という主要キャラクターを好演している。

20161128_kitharington.jpg

彼が演じるジョン・スノウは落とし子と呼ばれるが、キット自身は父方の曽祖父をはじめ、数々の政治家を輩出している由緒正しい準男爵の家系。父方の祖母を通じてチャールズ2世の子孫でもある。

母親が劇作家ながら、キットはもともと戦場ジャーナリストかカメラマン志望だった。しかし、14歳の時に舞台『ゴトーを待ちながら』を観たことがきっかけで演技に目覚める。2004年にはベン・ウィショー(『パフューム ある人殺しの物語』)が主演した舞台『ハムレット』に大きな影響を受けた。その後、学校で演技を学び、いくつかの舞台を経験。名門ロイヤル・ナショナル・シアターが手掛けた『戦火の馬』にも出演し、同作が演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞で2部門に輝いたことでキット自身も注目されるように。そして2011年から放送されている『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役をオーディションで獲得し、世界的な知名度を得た。

2012年の『サイレントヒル:リベレーション3D』で映画デビュー。同作には、ネッド・スターク役のショーン・ビーンも出演している。2014年には、キーファー・サザーランド(『24 -TWENTY FOUR-』)共演の歴史アクション大作『ポンペイ』で主演を務めた。そのほかには、アカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル共演の『戦場のラブレター』や、豪華キャストの『セブンス・サン 魔使いの弟子』に出演。アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされた『ヒックとドラゴン2』では声優にも挑戦している。また、今年の4月から6月にかけて舞台『フォースタス博士』でタイトルロールを演じた。

2016年には『ゲーム・オブ・スローンズ』の演技でエミー賞初ノミネート。TV批評家協会賞でも候補に挙がっている。また、2014年から英国のファッションブランド、ジミーチュウでモデルを務めるなど、人気と批評の両方を手にしている。

それでもジョン・スノウのようにキット本人はあくまでも謙虚で、「僕よりもずっとずっと才能のある人たちは何人もいる。僕は運が良かっただけだ」と語っている。しかし、新鋭監督グザヴィエ・ドランの新作映画『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』でタイトルロールに起用されたり、英国王ジェームズ1世を狙った火薬陰謀事件の実行犯ガイ・フォークスの人生を描く英BBCの歴史ドラマ『Gunpowder(原題)』への出演が決まるなど、オファーが引きを切らないのは、運だけが成せる技ではないだろう。『ゲーム・オブ・スローンズ』最新シーズンの製作が例年よりも遅れているのは残念だが、これからもテレビや映画でファンを楽しませてくれるはずだ。

■キット・ハリントンのプロフィール
1986年12月26日 英ロンドン生まれ

■役柄イメージ
まっすぐな性格で勇敢な青年

■主な作品
テレビ:
ゲーム・オブ・スローンズ』(2011〜)

映画:
『SPOOKS スプークス/MI-5』(2015)
ヒックとドラゴン2』(2014)
『戦場からのラブレター』(2014)
セブンス・サン 魔使いの弟子』(2014)
ポンペイ』(2014)
サイレントヒル:リベレーション3D』(2013)

■私生活
・『ゲーム・オブ・スローンズ』の共演者であるリチャード・マッデン(ロブ役)、アルフィー・アレン(シオン役)、ジョン・ブラッドリー(サム役)、エミリア・クラーク(デナーリス役)とはいい友人

・2012年から『ゲーム・オブ・スローンズ』の共演者ローズ・レスリー(イグリット役)と交際

■トリビア
・本名はクリストファー・キャツビー・ハリントン。「クリストファー」は、母親が16世紀の劇作家クリストファー・マーロウから名付けたが、本人は愛称のキットと呼ばれるのを好む。「キャツビー」は母方の姓

・2016年に出演した舞台『フォースタス博士』はクリストファー・マーロウの代表作

・『ゲーム・オブ・スローンズ』のオーディションでは、前日のデート中に絡んできた男に殴られて目に青アザを作ったままオーディションを受けた

・地毛は濃いブラウンなので、ジョン・スノウ役では黒く染めている。シーズン1第1話では髪が短かったのでウィッグを使用したが、以降は髪が伸びてウィッグ不要に

・閉め出された部屋に外から上って入ろうとして足首を骨折してしまい、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン3の撮影の一部では代役を起用。迷惑をかけたお詫びとして、後日スタッフにウィスキーをプレゼントした

・昔、本屋で働いていた時に『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作である「氷と炎の歌」シリーズの分厚くて重い本をしょっちゅう運んだため、作者のジョージ・R・R・マーティンを恨めしく思っていた

・『ポンペイ』で戦士を演じるにあたっておよそ2ヵ月かけて厳しい食事制限を行い、筋肉質な体を作り上げた

・蜘蛛が苦手。また、飛行機も好きではないため、車や列車を利用している

・舞台に上がる前の願かけは、控え室に置いている十字架に3回キスをして、ハリボー(ドイツの製菓会社)のグミを3つ食べて、3口水を飲むこと

・『ツイン・ピークス』や『エレファント・マン』で知られる奇才デヴィッド・リンチの大ファン

・『シャイニング』『ザ・リング』『スクリーム』シリーズといったホラーものが好き。そのほかのジャンルでは、『ロミオ&ジュリエット』『ジュラシック・パーク』『25時』『お熱いのがお好き』『ヒート』『if もしも...』がお気に入り

Photo:キット・ハリントン
(C) Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP