米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

【第2回東京コミコン】パワーアップしたラインナップで見所満載!

12月1日(金)から3日(日)まで幕張メッセで開催中の第2回東京コミックコンベンション2017(東京コミコン2017)に行ってきました。

20171201_TokyoComicCon02.JPG

会場に入った瞬間から「お?今年はなんか違うぞ」と感じたのもそのはず。第1回より会場の大きさそのものも、出展企業の数も(今年:150社以上、昨年:111社)大幅UPしているそうです。さっそくNAVI編集部スタッフが気になったブースやグッズを写真たっぷりでご紹介していきましょう。

まず目に飛び込んできたのが、海外ドラマファンにはお馴染み『ゲーム・オブ・スローンズ』の鉄の玉座! いつか座ってみたかったーというファンはここに来ればその願いが叶います。

20171201_TokyoComicCon05.JPG

あのデナーリス・ターガリエンが東京コミコンに!?

その隣には、先日当サイトでもお伝えしていたDCカフェが。

ここではDCのスーパーヒーローたちをイメージしたハンバーガーやドリンクを楽しめちゃいます。東京コミコン限定メニューなので、このチャンスをお見逃しなく~!

20171201_TokyoComicCon06.JPG

目印はこちらの看板と綺麗なお姉さんたち!.

20171201_TokyoComicCon04.JPG
【関連記事】バットマンやスーパーマンが美味しく変身!東京コミコン限定出店のDCカフェ 

ワーナー ブラザース ジャパンのブースには、他にも現在公開中の注目映画『ジャスティス・リーグ』のヒーローの皆さんの人形も! これは間違いなく撮影スポット。インスタ映えする写真を撮ってきてくださいね。

20171201_TokyoComicCon03.JPG【関連記事】エズラ・ミラー、日本語でヒット祈願!『ジャスティス・リーグ』ジャパンプレミア

続いて、またまた綺麗なお姉さんにひかれてやってきたのは、マーベルのブース。このコスチュームは2018年3月1日(木)から公開の『ブラックパンサー』ではないですか! 4人も揃っているとカッコいい。

20171201_TokyoComicCon07.JPG

その隣に気になる「ネイルコーナー」を発見! コミコンにネイル?と思ったら、マーベル関連の素敵な柄が揃っていました。どの柄もかわいくて迷いますね。ブラックパンサーの柄は新作だそうなので、ここでぜひともネイルをしてもらって、友達に自慢しちゃいましょう。(なお、ネイルは一人一本になります)

20171201_TokyoComicCon08.JPG

マーベルのブースには集めたくなってしまうスーパーヒーローたちのかわいいグッズもたくさん並んでいました。(ついつい財布のひもが緩んでしまいます...)ドクター・ストレンジこと、ベネディクト・カンバーバッチのリアルな等身大人形もここで会えるので探してみてください。

20171201_TokyoComicCon09.JPG

@2017 MARVEL

20171201_TokyoComicCon10.JPG

多くの最新海外ドラマを放送しているFOXのブースには、『ウォーキング・デッド』のリック(アンドリュー・リンカーン)とダリル(ノーマン・リーダス)と写真が撮れるコーナーも。他にも、"『The Gifted』能力診断ゲーム"と題して、参加者が内に秘めた能力を診断できるゲームを実施しています。

20171201_TokyoComicCon11.JPG

ブースを見るだけでなく、広い会場を歩いているだけでも楽しい東京コミコン。所狭しと貴重な展示物が並んでいます。

20171201_TokyoComicCon12.JPG

こちらは昨年の第1回東京コミコンが開催された時の写真と来日ゲストスターのサイン

20171201_TokyoComicCon13.JPG

遠くからでもその質感が伝わってくるバットスーツ。かっこいい!

20171201_TokyoComicCon14.JPG

展示物ではありませんが、一段と目を引いた『スター・ウォーズ』のAT-ST!実際に歩いていましたよー。

そして、初日には来日スターたちも登壇するオープニングセレモニーも開催。マーベル・コミックの原作者としてアメコミ業界に変革をもたらしたスタン・リーは昨年に続き2度目の登場。「I LOVE JAPAN!」の一言で挨拶をスタートし、会場を沸かせました。

20171201_TokyoComicCon17.JPG

20171201_TokyoComicCon01.JPG

オープニングセレモニーには他にもアップル共同創業者の一人のスティーブ・ウォズニアック、『ウォーキング・デッド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでおなじみのマイケル・ルーカー、『ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン』のカール・アーバン、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』のネイサン・フィリオン、そして『スーサイド・スクワッド』でカタナを演じた福原かれんが登壇し、第2回東京コミコンの幕開けを盛り上げてくれました!

20171201_TokyoComicCon16.JPG

ネイサン・フィリオンとマイケル・ルーカー。一体何を話していたのでしょう?

20171201_TokyoComicCon18.JPG

マイケル・ルーカーと福原かれん

20171201_TokyoComicCon19.JPG

セルフィーを撮るカール・アーバンとネイサン・フィリオン

20171201_TokyoComicCon20.JPG

マイケル・ルーカーの帽子を取っちゃうお茶目なスタン・リー

東京コミコンは幕張メッセ 国際展示場ホール9・10・11にて12月3日(日)まで開催中。
詳細は公式サイトでご確認を。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
キーワード
PAGE UP