米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

"ジョン・スノウ"が憎いのはあのキャラ!『ゲーム・オブ・スローンズ』ファンミーティング

スターチャンネルにて独占日米完全同時放送された第七章の最終話が歴代視聴者数記録を更新した(1207万人)ように、世界中で大ヒットを飛ばしている大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』。そのファンミーティングが11月19日(日)に都内で開催されたので、海外ドラマNAVI編集部が潜入してきました!

20171122_GOT_05.jpg【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン・ラニスター役の森川智之さん、ブラン・スターク役の福山潤さんインタビュー

20171122_GOT_01.jpg
入口を入るとすぐ、鉄の玉座がお出迎え。キャラクターの多くが待望するこの玉座の前でファンの方々が早速、記念写真を撮っていました。キャラクターたちのポスターが飾られた壁を横に見ながら、ドラゴンストーン城などの中に入り込んだような気分で階段を下りていくと、アイザック・ヘンプステッド=ライト(ブラン・スターク役)とメイジー・ウィリアムズ(アリア・スターク役)のサイングッズの数々が飾られています! ナイトキングのフィギュアや、あの赤い樹のスノウドームも可愛いですね。

20171122_GOT_02.jpg
20171122_GOT_03.jpg

会場には、応募者が約2000人と、およそ20倍という高い倍率の中で幸運を引き当てたファンたちが集合。入口で受け取った抽選券によって、スターク家、ラニスター家、ブラザーフッド(旗印なき兄弟団)、ドラスク人などなど合計12のグループに分かれて座ると、本作の舞台裏を紹介する映像に見入っていました。

20171122_GOT_04.jpg

そして開演時間になると、スクリーンに『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章第1話「ドラゴンストーン」の映像が映し出され、デナーリス・ターガリエンの「始めましょう」という声に合わせておなじみのオープニングタイトルがスタート! その後、MCとスペシャルゲストが登場しました。この日駆けつけてくれたスペシャルゲストは、ボイスキャストの3人。ジョン・スノウ役の花輪英司さん、デナーリス・ターガリエン役の清水理沙さん、ピーター・ベイリッシュ/リトルフィンガー役の上田燿司さん

(以下は、本作の第七章までのネタばれを含みますのでご注意ください)

まずは、この夏に世界を熱狂させた第七章をふり返り。ダイジェスト映像とともに、ボイスキャストの3人が思い出話や現場の裏話を披露してくれました。

台本は各話ごと収録前に渡されるそうで、第七章の最終話で去ることになったリトルフィンガー役の上田さんは、「ここで(去る)とは思わなかった」と、自分の役の運命を知り驚いた時の率直な心境を吐露。彼が何か言おうとしたところでアリアに首を刺されるシーンが映し出されると、「もうちょっと待ってよ」と苦笑していました。

上田さんは実は、リトルフィンガーが死ぬ予感はあったそう。第七章では珍しく毎回登場していたことから「なんかやばいな」とその行く末を案じていたものの、実際にその事実を受け入れるのは大変だったと話す上田さん。しかし、同役を演じたエイダン・ギレンのインタビューをいくつか読んで、「あれはサンサにとっての卒業試験だったんだな」と、自分なりに納得したという胸の内も明かしてくれました。そして、MCから「リトルフィンガーはサンサのことを本当に好きだったと思いますか?」と聞かれると、「そう思いますね。恋愛というよりは師弟愛に似たようなものがあったと思って演じていました」と、役柄の心理について語ってくれました。

20171122_GOT_11.jpg

その後、事前にファンにより選出された第七章のベストエピソードが発表されました。3位は第6話「壁の向こう」、2位は第4話「戦利品」、そして栄えある1位は第7話「竜と狼」という結果に。それぞれのエピソードの印象的な映像が流される中、「壁の向こう」でジョン・スノウを馬に乗せて逃がしたベンジェン・スタークが、ホワイトウォーカーたちに襲われる場面が映ると、アフレコ現場ではこれをめぐりジョンに対するブーイングが起きたという話に。当の花輪さんは「叔父さんが一緒に馬に乗せてくれるんじゃないの? 俺だけ乗ってるの?」と、困惑した当時の心境を回想していました。

ボイスキャストによる"ぶっちゃけトーク"は以降も続き、3人の嫌いなキャラクターも明かされることに。花輪さんは、死に目に立ち会えなかった(その回で自分の出番がなかった)という"恨み"も込みでジョフリー・バラシオン、清水さんは、「彼が出ているシーンは見ていてずっと痛かった」というラムジー・ボルトン、上田さんは「ジョフリーはまだ子どもだし、ラムジーは境遇が恵まれていなかったのに対し、大人なのに本当に卑劣な奴」である〈王の盾〉の騎士マーリン・トラントを挙げていました。

ここからはアフレコ現場の話に。『ゲーム・オブ・スローンズ』の場合はキャラクターがあまりに多く、吹替え業界では本作の収録日時になると「役者が消える」と言われるほどだったとか。

それでも声を当てる人数が足りないことから、一人の声優が複数のキャラクターを担当することがあり、上田さんもリトルフィンガーのほかに、スターク家に仕えるメイスター・ルーウィンの声を当てていたそう。そんな中、サムウェル・ターリー役の最上嗣生さんは、〈壁〉の司令官を選出するシーンで、ジョンを推すそのサム役のほか、盲目のメイスターのエイモン、アリザー・ソーンを推す人物という、自分の担当している3人が一堂に会してしまうことに。しかし、そうした厳しい状況でも声優の方々は見事に演じ分けており、例えばブロンとマーリン・トラントの声を当てている白熊寛嗣さんも、部屋に入ろうとするブロンをトラントが止める場面で、それぞれの声を変えることなくちょっとした口調や雰囲気の違いで変えて演じ分けて「素晴らしい」(上田さん)と、同業者もビックリするほどクオリティの高い仕事が行われているそうです。

20171122_GOT_07.jpg

そんな中、驚きの人からビデオメッセージが到着。ダヴォス・シーワース役のリアム・カニンガムから日本のファンへ向けたもので、最終シーズンを撮影中のため残念ながら日本には行けないことを謝りつつ、最後に日本語で「ネタばれ禁止!」とコメントし、会場を沸かせてくれました。

20171122_GOT_06.jpg

さらには、3人がそれぞれお気に入りの台詞をその場で読み上げるという、ファンにはたまらない趣向も! ジョン・スノウ役の花輪さんはナイツウォッチ(冥夜の守人)の誓いを読み上げ、デナーリス役の清水さんは「ドラゴンは奴隷ではない」とヴァリリア語で話し、リトルフィンガー役の上田さんは、ラムジーに嫁ぐようサンサを説得するシーンの「この世に正義などありません。だから生み出すのです。愛する家族のため、復讐を」というくだりを、それぞれ情感たっぷりに再現してファンを酔わせていました。

20171122_GOT_08.jpg

最後は、豪華プレゼントを賭けた、チーム対抗戦によるクイズ大会が実施されました。『ゲーム・オブ・スローンズ』の幅広い知識が試されるこの大会は、最初の2問は12チーム全て正解という順調な滑り出しでしたが、次第に問題が難しくなり、終盤は出題されるたびに会場が騒然とした雰囲気に。そんな中、全5問中4問正解(9ポイント中7ポイント獲得)という好成績を収めたタイレル家が1位となって、先程まで展示されていたアイザックのサイングッズの数々を賞品として獲得し、ボイスキャストからも羨ましがられることに。そして5問を終えて4チームが同点で並んだ2位・3位争いは、熾烈なサドンデスの末、2位はマーテル家、3位はアンサリード(穢れなき軍団)に決定し、同作にちなんだプレゼントをゲット。また、イベント冒頭で第七章の好きなシーンに対する質問に答えた女性が、特別賞として鉄の玉座の精巧なレプリカ、花輪さんご提供の『ゲーム・オブ・スローンズ』Tシャツを贈られました。

20171122_GOT_10.jpg

そのほか、スペシャルゲストとの記念撮影、日本未発売グッズのお土産なども用意され、本編のようにファンタジーたっぷりの濃密な時間を過ごせたイベントでした。

20171122_GOT_09.jpg

20171122_GOT_key art.jpg

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』(全7話)は、スターチャンネルにて字幕版が【STAR 1】にて11月24日(金)深夜1:30より、吹替え版が【STAR 3】11月29日(水)深夜0:40より2夜連続放送。また、各話の放送後には、撮影の裏側や出演者のインタビューといった貴重な秘蔵映像を公開する特別番組も放送されます。
番組公式サイトはこちら

【次ページ】あなたはいくつわかる? 難題揃いの『ゲーム・オブ・スローンズ』クイズ大会《問題》はこちら!

Photo:
『ゲーム・オブ・スローンズ』ファンミーティング
『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP