スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

英国王室通もビックリのリアリティ!『ザ・クラウン』ロイヤル・ティーパーティー

英国王として史上最長の在位を誇るエリザベス2世が、妻として、母として、そして女王として波乱に満ちた人生を生きる姿を追うヒューマンドラマ『ザ・クラウン』。そのDVDリリースを記念し、11月7日(火)に都内でロイヤル・ティーパーティーが開催されたので、海外ドラマNAVI編集部もお邪魔してきました!

20171108_crown_01.jpg【関連記事】どんなことが起ころうとも勝つのは王冠。『ザ・クラウン』予告編

映画『クィーン』と舞台『ザ・オーディエンス』でもエリザベス2世を描いたピーター・モーガンが企画・製作総指揮・脚本を担当。アカデミー賞監督賞に3度(『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』『愛を読む人』)ノミネートされ、『ザ・オーディエンス』でもモーガンと組んだスティーヴン・ダルドリーが製作総指揮・監督を務めています。

20171108_crown_02.jpg

ティーパーティーの会場は、広尾駅から徒歩5分の場所にある英国料理専門店、Captain Cook。大通りから一歩曲がるとすぐに見えるお店は、外観がまるでヨーロッパのようで、店先に飾られたクック船長の旗やイギリス近衛兵の人形も目を引きます。

20171108_crown_03.jpg
20171108_crown_04.jpg

クック船長が航海の合間に、ゲストと食事をしたり、お酒を飲んだりしてくつろぐことのできる邸宅をイメージしたという内装も、英国色たっぷり。レンガ造りの壁や暖炉、木材中心の家具、アンティーク雑貨のほか、テニスラケット、山高帽、エリザベス女王の写真、チャーチル首相の人形も飾られていました。

20171108_crown_05.jpg
20171108_crown_06.jpg

まずは、英国王室キャサリン妃研究家である、にしぐち瑞穂さんが『ザ・クラウン』やロイヤル・ファミリーについて解説。にしぐちさんが『ザ・クラウン』のことを初めて耳にしたのは、エリザベス女王当人が気に入っているドラマだと聞いた時。その後、英国人からも勧められて目にした作品は、王室について熟知するスタッフ、破格の製作費もあり、王室通の彼女もびっくりするほどの高いクオリティで、王冠や馬車なども「まさか本物!?と思ってしまうほど」の出来栄えだったそうです。

20171108_crown_08.jpg【関連記事】製作費の「破格ぶり」はこちらをチェック!製作費が高いドラマシリーズTOP15

そして実際に会ったエリザベス女王は、驚くほどのオーラの持ち主で、キャサリン妃よりも綺麗と思ったくらいだったとか。さらには、エリザベス女王やキャサリン妃が英国王室というイメージを印象付けるようなメイクや服装を選んでいるという裏話や、キャサリン妃の出産を例に挙げて、英国王室が時代の流れを受けて臨機応変に対応したエピソードも披露してくれました。

20171108_crown_07.jpg

続けてにしぐちさんは、「現在特にホットな英国王室ネタは?」と問われると、9月から学校に通っているジョージ王子を標的とする不穏なメッセージが届き、心配したキャサリン妃が家庭学習に切り替えることを検討しているというネタを提供してくれました。もしジョージ王子が自宅学習ということになれば、祖母であるエリザベス2世と同じスタイルになりますね。また、第三子を妊娠中のキャサリン妃が今回は自宅出産にするという噂もあるそうです。

20171108_crown_09.jpg

その後、ティーパーティーがスタート。テーブルにサンドウィッチやスコーン、ケーキ、焼き菓子、フルーツボウルなど豪華なラインナップが所狭しと並べられ、流石はロイヤル・ティーパーティー。いい香りのする琥珀色のダージリンティーとともに、いろいろいただきました。

20171108_crown_12.jpg

筆者が選んだのはこちらの5品。サンドウィッチの中身はスモークサーモンとクリームチーズにデイルを添えたもので、ハーブとスモークの香りとチーズの酸味が絶妙! スコーンはバターの風味が強くサクッとした触感で、クロテッドクリームと苺ジャムを添えるとさらに美味しくなりました。見た目も可愛いチョコレートケーキは、トッピングのアーモンドとピスタチオが効果的。そして二段重ねのスポンジケーキは口溶け具合が最高! 王冠型のクッキーは、宝石の代わりにトッピングされたアラザンがいいアクセントになっていました。

20171108_crown_13.jpg

ちなみに紅茶が入っていたカップ&ソーサーは、英国の陶器業界の老舗バーレイ社の「リーガル・ピーコック」。1913年、当時の国王であるジョージ5世(エリザベス2世の祖父)と王妃メアリーのために特別にお披露目されたデザインということで、食器まで『ザ・クラウン』にぴったりのものが使われていました。紅茶が冷めないよう、紅茶用のミルクが温めてあるという気配りも嬉しい限りです。

20171108_crown_11.jpg

なお、今回はティーパーティーということで女性向けの印象でしたが、店内をよく見てみると、お酒コーナーにはデヴィッド・ベッカム、ドレイクがそれぞれプロデュースしたというウイスキーも並んでいました。このあたりは男性にも楽しんでもらえそうですね。

貴重なトークとリッチなアフタヌーンティーで束の間のロイヤル気分が味わえたティーパーティーでした!

20171108_crown_jacket.jpg

■『ザ・クラウン』商品情報
11月8日(水)リリース、レンタル開始
DVDコンプリートBOX【初回生産限定】...7600円+税
レンタルDVD Vol.1-5
発売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
第1話が無料配信中の公式サイトはこちら

■英国料理専門店 Captain Cook
Tuesday(火)- Sunday(日) 8:30am - 10:00pm

Weekly Lunch(平日)11:30am - 14:30pm
Weekend Brunch(週末)8:30am - 15:30pm
Afternoon Tea(毎日)14:30pm - 17:30pm
Dinner(毎日)17:30pm -

東京都港区南麻布5-2-37
TEL:03-6277-2308
公式サイトはこちら

Photo:
『ザ・クラウン』DVDリリース記念ロイヤル・ティーパーティー
『ザ・クラウン』
©2016 Left Bank Pictures (Television) Limited. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP