米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

『ゲーム・オブ・スローンズ』通のイチオシは!? ベストエピソード中間選挙 結果発表試写会レポート

世界中で大ヒットを記録している大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の第七章放送開始、第一章~第六章ブルーレイ・ボックス発売を記念して実施された、【ベストエピソード中間選挙】キャンペーン。2ヵ月あまりにわたって行われた投票で第1位に選ばれたエピソードの試写会が10月5日に都内で開催され、同作の通として知られる顔ぶれによるトークショーも大いに盛り上がりを見せた。

20171010_GOT_01.jpg

会場には、第一章から第七章までのキーアート、第七章放送に合わせて発表された「冬来たる」仕様のキャラクタービジュアルが飾られ、壮観な雰囲気を醸し出していた。その横には、メイジー・ウィリアムズ(アリア・スターク役)とアイザック・ヘンプステッド・ライト(ブラン・スターク役)のサインが入ったレアアイテムも!

20171010_GOT_02.jpg
20171010_GOT_03.jpg
20171010_GOT_04.jpg【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』メイジー・ウィリアムズ直撃インタビューはこちら!
【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』アイザック・ヘンプステッド・ライト直撃インタビューはこちら!

そしてこの日、同作ファンの"日本代表"として登壇したのは、DJ・音楽プロデューサーの☆Taku Takahashi、音楽評論家・SF評論家の丸屋九兵衛。そして、当サイトでも同シリーズをはじめとした数々のドラマについて執筆している映画・海外ドラマライターの幕田千宏がMCとして加わった。

『ゲーム・オブ・スローンズ』が好きなあまり、上映会を開いたり、アイザック・ヘンプステッド・ライト(ブラン・スターク役)やクリスチャン・ナイアン(ホーダー役)にインタビューしたりしているという☆Takuと丸屋。丸屋は同作への愛を語る中で、ドラスク語ガイド、ティリオン・ラニスターの名言書といったお宝も披露した。

20171010_GOT_05.jpg

続いて、本題である投票結果のトップ10が紹介された。結果は以下の通り。

1.「落とし子の戦い」(第六章 Episode9)
2.「冬来たる」(第一章 Episode1)
3.「勝つか死ぬか」(第一章 Episode7)
4.「冬の狂風」(第六章 Episode10)
5.「キャスタミアの雨」(第三章 Episode9)
6.「炎と血」(第一章 Episode10)
7.「王の道」(第一章 Episode2)
8.「冥夜の守人」(第一章 Episode3)
9.「ブラックウォーターの戦い」(第二章 Episode9)
10.「進軍」(第一章 Episode8)

その流れで各自のイチオシ・エピソードも語られ、☆Takuが「冬の狂風」(第六章 Episode10)、幕田が「黒の城の死闘」(第四章 Episode9)と「世継ぎたち」(第四章 Episode10)を挙げる中、丸屋は特定のエピソードでなくお気に入りのシーンを紹介。デナーリスが「ドラゴンは奴隷ではない」と述べる場面、槍さばきをはじめとしたオベリン・マーテルの魅力について熱弁した。

20171010_GOT_07.jpg【関連動画】『ゲーム・オブ・スローンズ』はこれで復習! 第一章~第六章のまとめ映像&第七章予告編

また、先月来日したキャストたち、アイザック・ヘンプステッド・ライト(ブラン・スターク役)、クリスチャン・ナイアン(ホーダー役)、フィン・ジョーンズ(ロラス・タイレル役)、ダニエル・ポートマン(ポドリック・ペイン役)の好きなエピソードについても言及。アイザックは「扉」(第六章 Episode5)、クリスチャンは「奴隷解放者」(第四章 Episode3)、フィンとダニエルは「堅牢な家(ハードホーム)」(第五章 Episode8)がお気に入りとのこと。なお、☆Takuはお互いDJ同士ということもあってクリスチャンと会った時に意気投合し、Instagramでフォローし合う友人になったという。

20171010_GOT_08.jpg

最後は、いよいよ残り1シーズンとなった『ゲーム・オブ・スローンズ』のラストについて各自が予想。☆Takuが、ほぼ全員が死ぬ中、リアナ・モーモントが鉄の玉座に座り、生き残ったアリアとハウンドは西へ旅立つのではないかと述べると、丸屋は、薔薇戦争の歴史と同作のストーリーを重ねて、ティリオンとサンサが復縁するという説を唱えた。

いよいよ残り1シーズンとなった『ゲーム・オブ・スローンズ』。その放送が始まる前に、濃厚すぎて見直すたびに新たな発見があるこれまでの足跡も振り返っておいてはいかがだろうか?

20171010_GOT_09.jpg

■商品情報
・『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』
12月16日(土)ブルーレイ&DVD発売、同日レンタル開始
【初回限定生産】DVDコンプリート・ボックス(6枚組)...10,400円+税
【初回限定生産】ブルーレイ コンプリート・ボックス(6枚組)...12,300円+税
レンタル ブルーレイ&DVD Vol.1~5

・『ゲーム・オブ・スローンズ<第一章~第六章>ブルーレイ・ボックス』
好評発売中(32,000円+税)
◆本編(30枚)
『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』
『ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突』
『ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編-』
『ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編-』
『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』
『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』
◆ボーナス・ディスク(4枚)
『第一章:ボーナス・ディスク』(約33分)
 <視覚効果の裏側><七つの王国>
『第二章:ボーナス・ディスク』(約47分)
 <原作者が語る第二章><視覚効果>
 <出演者が語る第二章><美術>
 <武器><アリアの新たな一面>
『<外伝>:第一章~第六章』(約60分×6章)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
公式サイトはこちら

Photo:
☆Taku Takahashi、丸屋九兵衛、幕田千宏
『ゲーム・オブ・スローンズ』
Game of Thrones (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO(R) and related service marks are the property of HomeBox Office, Inc.
Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP