米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』アンディ・サーキス特別映像解禁

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き全世界震撼の大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ待望の最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月13日(金)に公開される。

20171010_Planetoftheapes01.jpg

この度、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者であり、シーザーをシリーズを通して演じ続けているアンディ・サーキスがシーザーになっていく過程を収めた衝撃的な映像が到着した。

本作のVFXスーパーバイザーを務め、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』両作品共にアカデミー賞視覚効果賞ノミネート、『ジャングル・ブック』でアカデミー賞視覚効果賞を受賞したダン・レモンは、「我々と本作が評価されたのはアンディのおかげです。アカデミー賞の審査員にも、この映画を観て、彼の演技がどれだけ作品に影響を与えているのかを評価して、最適な人が選ばれることを願っています」とアンディを絶賛。

前作に続いてメガホンを執ったマット・リーヴス監督も「アンディは世界一のパフォーマンス・キャプチャー俳優と称されているが、こんなばかげた話は無い。アンディは俳優として優れている。技術に取って代わられるのを恐れる俳優は多いが、パフォーマンス・キャプチャーは実際、演技ありきなので、俳優が活躍できる場なんだ。アンディは常に私を驚かせる。一人の観客となって彼の演技に見入ってしまうんだ」と明かす。

映像からもわかるようにサーキスの演技は、猿に変化しきっても、しっかりと確認することができる。そのため、本作でも、「アンディが最高のシーザーを見せた演技が本格的にオスカーに推薦されなかったら、それは不当でしかない。本作で彼は偉業を成し遂げている」(USA TODAY)をはじめ、前作公開時同様に顔の見えない俳優のオスカーでの評価にハリウッドでは、再び論争を呼んでいる。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月13日(金)全国ロードショー。

Photo:『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP