スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

【動画】日本限定!ドクター・ストレンジも登場『マイティ・ソー バトルロイヤル』予告編

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギが『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』へつながる重要な役割を果たすと発言した『マイティ・ソー バトルロイヤル』が、11月3日(金・祝)より日米同時公開される。それに先駆け、世界初公開シーンを含む日本版予告編が解禁となった。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

本作ではアベンジャーズの一員として地球を守るため戦ってきたソーの前に<死の女神>が立ちはだかる。死の女神ヘラは、ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、彼の国へ攻撃をはじめていくのだった。ヘラの復讐と野望を知ったソーは、この最強の敵を倒すため、盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチームを組み、極限バトルに挑む!果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか? そしてヘラの復讐の目的は!? そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていた...。

マーベル映画初となる女性ヴィランのヘラを演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ブルージャスミン』で知られるオスカー女優ケイト・ブランシェット。そんな俳優としても"最強"なケイトと共演するのは、ソー役のクリス・ヘムズワース、ブルース・バナー=ハルク役のマーク・ラファロ、ロキ役のトム・ヒドルストン、そしてドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチ(『SHERLOCK(シャーロック)』)など個性派俳優たちだ。

今回公開された予告編では、ドクター・ストレンジの「君に大きな試練が」という忠告に対し、ソーが「俺が運命を変えてやる」と断言。そしてその言葉通り、ハルクや義理の弟のロキ、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと共に、強敵ヘラと戦う姿が映された。実はベネディクトは、トムとは同郷のよしみで大の仲良し。撮影も楽しんで行っていたようで、役同士の絡みもあるのか、気になるところだ。

究極アクション・エンターテイメント『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日(金・祝)より日米同時公開。

Photo:『マイティ・ソー バトルロワイヤル』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2017

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP