スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

二人のセブライドが対面!『シカゴ・ファイア』テイラー・キニー来日イベント&パーティ

シカゴ消防局51分署に所属する消防隊員と救命士が命がけで職務に立ち向かう姿を描く人気のレスキューアクションドラマ『シカゴ・ファイア』。2012年に本国アメリカで放送が始まって以来、大ヒットを記録し、先日シーズン6の製作も決定した同シリーズより、ケリー・セブライド役のテイラー・キニーが初来日を果たした。彼が登壇したイベント、パーティの模様をお伝えしよう。

20170517_chicagofire_event01.jpg

都内にて行われたイベントでは、MCから日本へようこそと言われ、「アリガトウ」と日本語で挨拶したテイラー。「この度は呼んでくれてありがとう。『シカゴ・ファイア』のキャストを代表してお礼を言うよ。日本で家族や友達と一緒に夢のような時間を過ごしているんだ」と話した。着物姿で登場したゲストの関根麻里を見て、「母親がすごく嫉妬するだろうね。着物が欲しいってずっと言っているから、土曜に一緒に京都へ行くつもりなんだ。母親の着物を買う時の参考にさせてもらうよ。すごく綺麗だね」と述べた。

そして、背中に消防士の「消」の字、前に自分の名前「テイラー・キニー」と入ったハッピを関根からプレゼントされると、その場でスーツの上から羽織って「どう?」とニッコリ。「まるで第二の皮膚みたいにぴったりだよ。日本での残りの滞在中はずっとこれを着ていようかな」とジョークを飛ばす一幕もあった。

20170517_chicagofire_event02.jpg

自身が演じるセブライドについては「非常にまっすぐな男であるケイシーとは対照的で、欠点だらけだけど、視聴者には共感を持ってもらえると思う。仕事には一途に取り組んでいるしね。恋愛では悩みもあるけれど、仕事場は彼にとって安らげる場所なんだ」と語った。また、シーズン6更新が決定したばかりのことにも触れ、「このシリーズのおかげで世界中を旅することもできたよ。今回、日本にも来られたしね。ファンのみんなのおかげだよ。本当にありがとう」と感謝を示している。

アクションシーンが多い『シカゴ・ファイア』の撮影はやはり肉体的な負担も大きいようだ。「大変なことの一つは、すごく重い機材(ギア)を背負って動き回らなければならないことだね。今日の午前中は東京の消防庁を訪問して、ギアや車を見てきたんだ。すごく面白かったよ。シカゴで行う撮影は、60~70ポンド(約27~32キロ)のギアが重いから夏はたくさんの汗をかいてしまって大変だけど、寒さが厳しい冬はギアのおかげで逆に防寒になるんだ」

また、作品には真摯に取り組んでいるという。「もちろんTVシリーズだから多少ドラマチックに描いているところはあるけど、安全第一で細心の注意を払って撮影を行っているよ。あと、僕が本作で特に意識していることは、シカゴの消防隊員から感謝されるような作品を作ることなんだ。彼らの活動をなるべく忠実に描くよう意識していて、現場で活動している人たちをアドバイザーとして、機材の使い方や言葉遣いについて分からないことがあったら彼らに聞いているんだ」と、綿密な作品作りを説明してくれた。

ここで、驚きの事実も発覚。消防士を演じるキャストたちはテイラーをはじめ全員が見事な肉体を劇中で披露しているが、上には上がいるそう。関根が消防士だった祖父はテイラーほど大柄ではなかったと言った際、テイラーは「本物の消防隊員には僕よりも大柄な人が多い」と発言。「アメリカにはボランティアで消防士を務めている人が多いけど、ここシカゴやニューヨークのような大都市では消防士の競争率が激しいんだ。そういった場所で活躍しているのは屈強な体をしたプロばかりだから、彼らに比べると僕は小さい方だよ」と、意外な情報を明かしている。

かつて大工仕事をしたり、ハワイで1年過ごしたり、スカイダイビングのライセンスも持っていたりと行動派のテイラー。危険な現場に飛び込んでいくこの作品は水に合っているようで、「僕にとってこの作品の醍醐味は、いろんなスタントに挑戦してアドレナリン全開になれることなんだ。冒険が大好きだから、そこに魅力を感じて出演を決めたんだよ」と語っており、これからもセブライドとして活躍してくれることだろう。

20170517_chicagofire_event04.jpg

「これまでいくつかの映画やドラマに出演してきたけれど、『シカゴ・ファイア』はキャリアで数回あるかないかのビッグチャンスだった。29歳か30歳でこの役を手にした時、長く続く作品になるだろうという予感はあったよ。製作総指揮を務めるのがディック・ウルフ(『LAW & ORDER』シリーズも手掛ける人気プロデューサー)だからね。彼のもとに素晴らしい顔ぶれが集まったので、成功すると最初から確信があったんだ。僕が今、好きなことを仕事にするという夢に生きることができているのは、ファンのみんなのおかげだ。見てくれてありがとう」と述べたテイラー。イベントの最後までハッピは着たまま。日本火消し保存会に自身の名前が入った特別な唄を披露してもらった後、扇子も貰い、終始ご機嫌な様子だった。

20170517_chicagofire_event03.jpg

【次ページ】テイラーがセブライド役以外で演じたいのはあのキャラクターだった!

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP