ミスター・メルセデス スペシャルサイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ついにデス・スターの開発者が明らかに!

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日(金)より全世界で公開となる。誰もが気になっていた謎"デス・スターの設計図はいかにして入手されたか?"を解明するストーリーに注目が集まる中、全世界一斉解禁となった最新予告で、いよいよその物語の一端が明らかになった。

20161014_RogueOne01.jpg

15才の頃からたった一人で生き延びてきた何にも属さないジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、なぜ反乱軍に加わるのか? なぜ、デス・スターの設計図を奪うという生還困難なミッションに挑むのか? それは今回解禁された映像で明らかになる。

「お前を守る」と、まだ少女のジンに力強く約束する父ゲイレン(マッツ・ミケルセン『ハンニバル』)。そんな優しく強い父が、無言のまま帝国軍と共に去る姿をじっと見つめている少女...という鮮烈な記憶を夢に見ているのは、現在のジンだ。有名な科学者である父親と共に過ごしたのは少女時代だけだったが、一匹狼となった現在の彼女にとっても、偉大な父は大切な存在であることが示される。生き抜くために様々な罪を犯すことも厭わず、帝国軍に拘束されていたジンを脱出させた反乱軍だったが、反乱軍がジンにコンタクトを取ったのには理由があった。その理由は、彼女がゲイレンの娘であることをつかんだから。では何故、娘のジンを? なんと、ゲイレンは銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器デス・スターの開発者だったのだ。ショックを受けるジンだったが「私は父を信じてる」と、父の真意を明らかにするため、そして消息も分からない父の愛を信じミッションに参加するのだ。

ゲイレンが開発したデス・スターの破壊力は無限。反乱軍の上層部からは「降伏する以外、私たちに選択肢はない」という声も上がり、希望は失われたかに見えた。しかしジンは「まだ望みはある。反乱軍は希望を捨てるの?」と反論。ローグ・ワンの一員として、反乱軍を救い希望をつなぐため、「最後まで諦めない。それが私たちよ」と決意を口にする。しかしその直後、全ての希望を打ち砕くかのように煙の中から姿を見せるのは、やはり悪の帝王ダース・ベイダーだった...。

『スター・ウォーズ』シリーズの原点となる『エピソード4』で、レイア姫はなぜ帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を持っていたのか? 伝説の原点の謎が解明されるばかりか、いままでのシリーズ以上にエモーショナルで心揺さぶられるストーリーになることは間違いない!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全世界で公開。

Photo:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP