ミスター・メルセデス スペシャルサイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

注目作!『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 リーヴ・シュレイバーにインタビュー【前篇】

20140315_s01.jpg

――レイというキャラクターの役作りのために、どのようなリサーチをしたのか教えてください。

リーヴ:正直言うと、リサーチというほどのものはしてないんだ...。ただ、ハリウッドの最盛期にはレイのような男たちが存在していて、そういう人たちが色々な意味でモデルになっていると思う。それに、最近のハリウッドのセレブたちは法律事務所との結びつきがより強くなっている。私立探偵のような役割も担っている法律事務所は多いし、事務所が探偵を雇っているってこともあるだろう。だからきっと、レイは色んな要素を取り入れたオリジナルのキャラクターなんだと思う。今ので答えになったかな。

【関連記事】LAスクリーニング2013 『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』紹介ページ

――レイの好きな所を教えて下さい。

リーヴ:そうだな。この象徴的なアンチヒーローの、主人公っぽくない所がすごく面白いし、魅力的だと思った。アン・ビダーマンがすごく細かく分析してるんだ。キャラクターとしてすごく興味深いし、レイのようなキャラクターは男の夢だよね。広い世界のどこかで起こっている事だろうけど、誰にでも起きる訳ではではない。だからハリウッドという場所でレイに家族を持たせることで、男の夢だけじゃなく男としてのアイディンティティも追及できていたと思う。レイのようなやり手の主人公に家族がいて、家の中のゴタゴタにも巻き込まれるっていうのは珍しいけど、それがこのドラマでは多く描かれていたからね。まさにそこが面白いんだと思う。それに、レイは根底には強いモラルを持った男だから、そういう所が好きだな。

――レイの原動力は何だと思いますか?

リーヴ:家族だと思う。レイのすごく情に厚い部分も好きな所なんだ。だから、子供たちへの愛情や彼らにかける期待、今の生活に対する思いがレイを突き動かしているんだと思う。

――レイは良い人間なのか、それとも悪人なのか、どちらだと思いますか?

リーヴ:レイはShowtime の典型的なアンチヒーローだと思う。だからこそ、このドラマの放送局はShowtime しかないってこと。今の質問にはっきりと答えられないっていうのが、実は僕が気に入っている所でもあるんだ。複雑で二面性があるドラマはいつでも面白いし、その複雑さこそがキャラクターの魅力でもあるんだと思う。言葉にするのが難しいんだけど、良い人間もいないし、悪い人間もいない、それが僕にとってはとてもリアルなんだ。

20140315_s02.jpg

――このドラマに出演されて、ハリウッドやハリウッドに住む人々に対する考え方は変わりましたか? ドラマではセレブたちがパパラッチやゴシップを恐れ、真実を隠そうとしますが、実際もそうだと思いますか?

リーヴ:この業界のセレブという文化は、1つの大きなビジネスでもあるんだと思う。だから、ビジネスと私生活をきっちり区別してプライバシーが欲しいと思うのなら、それはすごく大変な事なんだ。その辺は、すごくリアルだし真実に近い。でもそれが良いことなのか悪いことなのかは、分からない。ただ、僕は長いことこの世界にいるから多分レイよりハリウッドには慣れているし、レイほどこの世界のことをシニカルな視点で、うんざりしながら見てはいないとは思う。

――今やテレビの人気は絶大ですよね。映画はテレビの勢いに押されていると思いますか?

リーヴ:それは一概には言えないかな。今は映画のまた違う黄金時代が来ていると思うしね。iPhoneを使って子供たちが映画を作ったり、パソコンのプログラムを使ってノンリニア編集ができるようになった。だから、近い未来に本当にワクワクするような映画が作られるんじゃないかと思うんだ。そうは言っても、映画作りは比較的制限が多くて、2時間でなきゃいけなかったり、宣伝が必要だったりする。映画館での上映やDVD を発売することも考えるから、スパンも長い。ただ、そういう事を考えずに作られた映画もたくさん存在すると思うんだ。テレビもそう。特にケーブルテレビは、すごく面白くて視聴者も満足できる作品が多い。それに映画ほどお金をかけずに済む分、才能のある人たちに仕事が回る。一定の期間続く仕事がね。だからたくさんの素晴らしい脚本家や監督、才能ある役者たちがテレビ、特にケーブルに出演するようになってきていると思う。

――「レイ・ドノヴァンザ・フィクサー」の魅力は何だと思いますか?

リーヴ:そうだな。様々な要素が混在しているところかな。例えば、レイのような"男の中の男"みたいな人間が、トランスジェンダーの人たちに対して意外に優しい面を見せたりする。そういう部分がすごく面白い。調和しなさそうなものが組み合わさっているのがこのドラマだと思う。人や文化や様々なものがうまくぶつかり合って良い化学変化が起きてる。

20140315_s03.jpg

――最近『Clear History(原題)』を観ました。ラリー・デヴィッドからかなりアドリブが多い作品だと伺いましたが、いかがでしたか? 今後コメディ作品にもどんどん参加していくのでしょうか。このドラマのダークな部分とのバランスを取るためにもコメディが必要だった、ということもありますか?

リーヴ:今このドラマで1年の半分はダークな演技をしてるから、そのバランスを取るためにも確かに必要だったね。でもこのドラマにも明るい部分もあって、その部分がずっとあるといいなとは思ってるよ。『Clear History(原題)』は親友が監督をしていたこともあって、とても楽しかった。それにラリー・デヴィッドと一緒に仕事ができたからね。アドリブでの演技も好きだし、コメディもすごく好きなんだ。今はなかなかコメディをやるタイミングがないんだけど、将来的にいつかはやりたいなっていう気持ちがある。ただ、あの映画のアドリブはちょっと怖かったな。だって、チェチェン人のアクセントで話さなきゃいけなかったからね。でもすごく楽しくできたよ。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP