脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

『フォーリング スカイズ』ドリュー・ロイ&コナー・ジェサップにインタビュー

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるサバイバルドラマ『フォーリング スカイズ』。本作でノア・ワイリー演じるトム・メイソンの長男"ハル"と次男"ベン"を演じたのが、ドリュー・ロイとコナー・ジェサップ。期待の若手俳優が来日したということで、早速海外ドラマNAVIが突撃してきました! fs1.jpg

(左:ドリュー・ロス 右:コナー・ジェサップ)

ドリューは今回初来日なのですが、コナーはちょっと事情が違っており...
「実は今年の5月から日本にいるんだよ。ファームステイしているんだ!」
...と、衝撃発言! 日本が好きで好きでたまらないというコナーは、一度日本で暮らしてみたかったんだとか。(それにしてもファームステイとはなかなか目の付けどころが斬新!)

この日、午前中は記者会見の場に登場した二人ですが、午後からの個別インタビューでは「コニチハ」「アリガト」「ドイタマシテ」(どういたしまして)など、二人で日本語の挨拶を特訓しつつ(?)インタビュールームに登場しました。
=======

――(二人の様子をみて)ドリューさん、コナーさんから日本語を教えてもらっているんですか?

ドリュー:コナーはそんなに日本語は得意じゃないですよ。

コナー:僕の方は完璧ですが!(笑)

――お二人とも日本をとても気に入ってくださっているようですね。

コナー:世界中で日本が一番好き。さっきの記者会見でも言ったけど、もう一度言いますよ!

ドリュー:僕はあまり日本のことや、日本の文化をよく知らないんです、実は。だから、いろんなことを発見するのがとても楽しいんです。コナーが日本大好きなので、それがうつってきたかもね。
コナーはものすごく日本のことが好きで、いろいろ影響を受けているみたい。今回の取材が終わったら、二人とも旅行をしようと思うので、日本でいろいろなことを学びたいと思っています。

コナー:旅行はとても楽しみですね―それはもう!

――さて、このインタビューでは、海外ドラマNAVIのユーザーからいただいた質問をもとにお二人に聴いていきたいと思います。まずは...「そもそも二人が俳優の世界を志したきっかけはなんですか?」

コナー:僕はきっかけ(というか、たいした話)はないです。これについては彼の方が面白いストーリーを持ってますよ!(笑)

fs2.jpgドリュー:僕はアラバマ州というハリウッドからすごく離れたところで産まれたんですが、まわりに俳優なんて誰もいない。それで、父なら何を聞いても答えを持っているだろう思ったので、「どうやったら俳優になれる?」と聞いたら、「さすがにわからない」と言われまして。
アトランタにいた時、バンドをやってた友達も「とにかく音楽をやるためにはハリウッドみたいな所にいた方がいいだろう」といってハリウッドに引っ越していきました。僕は1度もステージに立ったことがないし、カメラの被写体になったこともない。なにもやったことがないんですが、とにかく行ってみようと!
そうしたら、「ハリウッドに行ったらきみのマネージャーをやってあげるよ」という方がいましたので引っ越しました。

そこから5年間、ハリウッドのホテルでパーキングサービスのアルバイトをしてたんですが、まったく俳優の仕事は来なかったんです。でも、ずっと演技の勉強をし続けて、今回、運のいいことが次々に起こって、この役をいただくことができたんです。

fs5.jpgコナー:僕は、アラバマからはさらに遠く離れたカナダの出身ですが、11歳ぐらいの時から俳優...というか演技には関わっていました。映画が非常に好きだったということと、演劇に関係したことにも興味があって、両親の前で手品をやって見せたり、『フック』とか『オズの魔法使い』の1シーンとかやっていたので、両親がそういう活動をさせてくれるようになりました。友達の中にはもっと、例えばエージェントを探してCMのオーディションとか、仕事に結び付けるようなことをやってる人もいましたが、そのことを両親に言ったら反対されて。「エージェントをつけることはできない」と。で、1年ぐらい説得しているうちに、とうとう両親から「エージェントを探してもいい」と言われ、そして今に至りました。

――以前、『フォーリング スカイズ』でダイ役を演じているピーター・シンコダが来日し、取材をしたことがあるんです。そのときにピーターだけが知るスティーブン・スピルバーグの秘密(スピルバーグの家には寿司バーがある!)ということを聞いたのですが、お二人だけが知っているスピルバーグの秘密ってありますか?

二人:(爆笑)「シンコダ・センパイ!」(※日本語)

ドリュー:まず、なんでピーターがその話を知っているかというと、彼はお酒のデリバリーの仕事をしてたから! 多分それで彼の家に(忍び込んだとは言わないけど、)お酒を家の中まで届けて、知ったんだろうね。

――正解です!ご本人もそうおっしゃってました(笑)

ドリュー:でも僕はそんな人の家に入り込んだりはしないので(笑)そんないいネタは全然無いんですよ。ですが、以前ビバリーヒルズのホテルで働いていた時、彼の車をパーキングに入れたことがありました。その時、僕は彼の車の運転席に座って、「ワオ...彼は人の人生を完全に変えられる力を持った人なんだ...」と思ったんです。そして今、彼のお陰で僕の人生は本当に変わりました。

コナー:すいません、僕はなにもないです(笑)僕が知っていることは皆さんも知っていることだと思います。
スピルバーグは、これだけ多くの作品や映画、TVドラマと、いろんなプロジェクトを抱えながら、その量だけじゃなくものすごく質も良いものを保っている。こんな素晴らしいことを自分は体験しているけれども、それは皆さんも知っているんじゃないかな。

20130802_s03.jpg

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
『リミットレス』DVD好評発売中!28歳のダメ男がいま限界を超える!期間限定第1話を無料配信中!
PAGE UP