スタッフ突撃レポート~海外ドラマNAVIスタッフが体をはってお届けします~ スターの素顔に突撃、来日イベントに突撃、アフレコに突撃、そして海外へも突撃などなど…。海外ドラマNAVIスタッフが総力を結集し、ここでしか見られない情報をレポートします!

野島昭生×銀河万丈×中村秀利×石塚運昇、そして関根勤が『CSI:』愛を語りまくる! 『CSI:TOP100スペシャル』収録現場に突撃!!

『CSI:科学捜査班』『CSI:ニューヨーク』『CSI:マイアミ』といういずれも大人気の『CSI:』シリーズ。本作を放送しているAXNが今年開局15周年を迎えるにあたり、その記念に『CSI:TOP100スペシャル』と題した特別番組を放送することとなりました。

この特別番組では、各シリーズの主人公のボイスキャストを務めた野島昭生、銀河万丈、中村秀利、石塚運昇と、自他ともに認める大の『CSI:』ファン・関根勤が、590本もある全エピソードから、これこそがいちばんの『CSI:』を選ぶという、21世紀最大(!)の難題に挑むことに!

そんな特別番組の収録現場におじゃました海外ドラマNAVI編集部。収録直後の興奮冷めやらぬ中、キャリアもキャラクターも濃すぎる5人に突撃インタビューを決行してきました!

収録の模様はこちらでどうぞ!(動画)

登場人物(左から)
■中村秀利(CSI:NY、マック・テイラー役)
■石塚運昇(CSI:マイアミ、ホレイショ・ケイン役)
■野島昭生(CSI:科学捜査班、ギル・グリッソム役)
■銀河万丈(CSI:科学捜査班 レイモンド・ラングストン役)
◆関根勤(特別番組のホスト役)

20130726_s04.jpg
――収録お疲れさまでした! ベストエピソード、無事選べましたか?

野島:590本もあるエピソードから選ぶって苦痛だよー!(笑)ほら、俺、根がマジメだからさあ。

他4名:(笑)野島:ちょっと、何、そこ笑ってんだよ!

――さて、今日の番組収録では「CSI:シリーズのベストエピソードとは?」という話題でかなり盛り上がったそうですが、こちらはOAまでのお楽しみ...ということで、NAVIからはこんな質問をしたいと思います。

■あなたが選ぶ、『CSI:』シリーズのベストキャラクターは誰だ!?

――CSI:シリーズの中で、いちばん印象に残る...そんなキャラクターをあげていただきたいのですが。

5人:ううーん。(しばらく悩む)

20130726_s07.jpg中村:『CSI:ニューヨーク』(以下NY)でいうならアダム(・ロス)だね。オタクっぽい捜査官なんだけど。ステラ(・ボナセーラ)とデキちゃったりマックにしょっちゅう怒られているのにそういうことを平気でやっちゃう人。他の捜査員と色が違うキャラクターなんだよ。シーズン2から登場したんだけど、ちょっと暗かったシーズン1の雰囲気が、彼が入ってきたおかげでなんだか明るくなりましたね。ラボも引っ越ししたこともあったりして。
 
 
 
 
 


20130726_s08.jpg野島:『CSI:科学捜査班』(以下ベガス)でいうなら、シーズン3から登場した(デヴィッド・)ホッジスね。

関根:ああー!ホッジス!わかります!

銀河:俺もホッジスだねー。おもしろいよねー彼は。

関根:デートに誘おうとして断られたり...

銀河:空気が読めなくてね。フッフッフ。

野島:そうなの。ホッジスは印象に残ってるねえ。グレッグ(・サンダース)がもっとおもしろくなるかなと思っていたんですよ、最初の頃は。なんか踊ったり変な衣装をかぶったりしていて...でも話が進んで上のキャリアになってきたら、さすがにマトモな人になってきちゃった(笑)

――そういう点はリアルですね。石塚さんはいかがですか?

石塚:いやあ...俺はやっぱりホレイショしか浮かばなくてね(笑)。

関根:強烈ですからねーホレイショは!

石塚:彼は「神」ですからね。だから、シーズンを重ねることにどんどん変遷していく彼のキャラクターはたまらないですね。彼のキャラが立ちすぎているので、他のキャラが全部横並びになっちゃう。もう誰にも止められないですからね。

中村:"ホレイショ劇場"だもんねえ。
20130726_s02.jpg
――ホレイショは、海外ドラマNAVIの人気キャラクター投票でもぶっちぎりの人気だったんですよ。

野島:『CSI:マイアミ』(以下、マイアミ)=ホレイショだもんね。

中村:いっそ『CSI:ホレイショ』にすればいい!(笑)

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
Playstationから海外ドラマが観られる!
PAGE UP