• トップページ
  • 特集
  • 今年も行ってきた!見てきた!アメリカTVドラマ最新情報 LAスクリーニング2008

SPECIAL 特集

今年も行ってきた!見てきた!アメリカTVドラマ最新情報 LAスクリーニング2008

LAスクリーニングは海ドラ見本市!?

LAスクリーニングとは、毎年5月にLAで開催されているアメリカTVドラマ新シリーズのいわゆる国際見本市で、今年は5月13日から23日まで開催された。というわけで、去年に引き続き、今年も「海外ドラマNAVI」編集部は潜入取材を決行!
LAスクリーニングを開催したスタジオは、ABC/ディズニー(バーバンク)、CW/ワーナー・ブラザース(バーバンク)、NBC/ユニバーサル(バーバンク)、ソニー(カルバーシティ)、CBS/パラマウント(ハリウッド)、FOX/20世紀フォックス(センチュリーシティ)の6スタジオ。
参加国はカナダ、メキシコ、イギリス、フランス、スペイン、日本、韓国、中国など72カ国にも上る。世界中から数百人のバイヤーたちが集結する姿は圧巻だ。
会場で上映されたのは、全米では9月以降に始まる新ドラマの第1話分に当たるパイロット版や、“Returning”と呼ばれる続編のドラマなど。映像を見たバイヤーたちが、その場でスタジオの販売担当者と交渉、購入に至ることもある。

2007年度のアメリカTVドラマ事情

LOST』や『HEROES/ヒーローズ』の大ヒットで、Sci-Fi 路線のドラマが増えた2007~2008年シーズン。注目を浴びていた Sci-Fi 系ドラマは『Bionic Woman』『Journeyman』『Chuck』『Terminator: The Sarah Connor Chronicles』など。しかし、複雑すぎるストーリー展開が不評で、視聴者の支持を得たとはいいがたい。『グレイズ・アナトミー』のスピンオフドラマ『Private Practice』は、期待が高かっただけに、平均的な評価ではやや不満か。
一方、成功したドラマの代表といえば、ティーン向けの『Gossip Girl』。脚本家組合(WGA)のストライキでストップしたのにも関わらずドラマ界の話題を独占。第2シーズン以降の展開に大きな注目が集まっている。継続ドラマでは『LOST』『Dr. House』『デスパレートな妻たち』『CSI』など従来の人気ドラマがさらに視聴者から人気を得る一方、『Law & Order』『ER緊急救命室』といった放送10年を超える長寿ドラマは息切れも指摘されたシーズンとなった。

脚本家組合ストがもたらしたもの…

昨年11月から約3カ月間続いた全米脚本家組合のストライキ期間中、製作が中止されたため、ほとんどのドラマが通常の1シーズン23話を製作することができなかった。たとえば、『HEROES/ヒーローズ』はVolume2『Generations』を終えた11話で第2シーズンを終了。1月から放送を予定されていた『24-TWENTY FOUR-』に至っては、撮影も終了していた第7シーズンの数話分をすったもんだした挙げ句、放送を取りやめてしまったなど、人気ドラマが次々と短縮・休止となった。
しかし、その恩恵もないわけではない。『HEROES/ヒーローズ』第2シーズンでは、ファンが散漫な展開に批評を浴びせ、『24-TWENTY FOUR-』第6シーズンもマンネリ気味と論評された。こうした番組が、クリエーター、脚本家が活動を休むことで、番組自体もリフレッシュするのでは?との考え方もできるわけだ。今年9月からの新ドラマ、継続ドラマには、新しいアイデアや展開が出てくるはず。ファンは、一歩成長したテレビドラマの姿を期待してよいだろう。

レポート:橋本裕美子/構成:海外ドラマNAVI編集部

※情報は2008年6月下旬のもの

LAスクリーニング、今後はどうなる?
ABC/ディズニー
ソニー
NBC/ユニバーサル
CW/ワーナー・ブラザース
CBS/パラマウント
FOX/20世紀フォックス


フォトギャラリー

  • トム・ホランドの和太鼓演奏?!『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパンプレミア
  • 『ウォーキング・デッド』シーズン8より最新画像が到着!
  • 『ディセンダント2』監督ケニー・オルテガ&スペシャルサポーターのMiracle Vell Magic囲み取材
  • 『24』『プリズン・ブレイク』の主役3人、小山力也、鈴木達央、東地宏樹が全員集合!

海外ドラマを盛り上げよう

PAGE UP