MENU

ニュース

『ゲーム・オブ・スローンズ』ドラゴンストーン城のロケ地に観光客が殺到!

『ゲーム・オブ・スローンズ』のドラスク族の大群もびっくりの数がバスク地方に集結!世界中で大ヒットしている大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』の第七章で、大海を渡りウェスタロスに進軍したデナーリス・ターガリエンの主要拠点となったドラゴンストーン城。そのロケ地となっているスペイン・バスク地方の礼拝堂が、番組の効果により人気の観光スポットになっていることを、スペインの一般紙El Paisのサイトが報じた。

ドラゴンストーン城のロケ地となったのは、礼拝堂が頂上に建つガステルガチェという小島。劇中でも生かされた、島の頂上に続く階段と絶景の海が印象的な場所で、洗礼者ヨハネが訪ねたとされる。200段以上もある階段を上り、頂上のサン・ファン礼拝堂に掲げられた鐘を3回鳴らして願い事をすると叶うという言い伝えがある。

第七章は今年の7月中旬から放送されたが、その7月だけでもこの島には計7万5000人(一日平均2400人以上)もの観光客が詰めかけたという。階段は狭くて急勾配、標識案内は不親切、駐車場は小さいという難点があるにもかかわらず、人気を増しているようだ。

あまりの訪問者の多さに、同地方の環境保護局は、文化財の保護に向けて動き出しているとのこと。現在のところ、観光客や私用車、公共輸送機関の入場制限や、接続地点と標識の整備をするほか、階段に通行料を課すという案も出ている。

ちなみに、現地の土産店の店主は「番組をここで撮影してくれたのはありがたい。第七幕の放送時に客の数が倍になった」とホクホク顔で、これから島を訪れたい人に向けては「"冬来たる"ので訪問はお早めに」と呼びかけているということだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』のドラスク族の大群もびっくりの数がバスク地方に集結!
(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

キャサリンからひとこと

関連する記事

人気ニュース TOP3

ランキングをもっとみる

人気コラム TOP3

ランキングをもっとみる

この海外ドラマに注目!