MENU

ニュース

映画『レフト・ビハインド』チャド・マイケル・マーレイ、日本との深いつながりを持っていた!

チャド・マイケル・マーレイキアヌ・リーブス、ヒュー・ジャックマン、レディー・ガガなど親日家と呼ばれるハリウッド俳優やアーティストは数多く存在するが、今回は、その中でも日本との縁がより深い海外ドラマスターを紹介しよう。

【関連記事】イケメン俳優を求めて世界を巡る!<アジア系編②> ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

その俳優は、大人気青春ドラマ『ワン・トゥリー・ヒル』のルーカス役で人気が爆発したチャド・マイケル・マーレイ。甘く爽やかなマスクで、アメリカのみならず日本でも多くのファンを持つ彼は、外見からはほとんどわからないが、なんと日本人の祖母を持つクォーターというつながりを持っているのだ。

そんな彼だが、今月27日に日本公開の映画『レフト・ビハインド』ではこれまでの爽やかな印象から一変。短く刈り込んだヘアスタイルに髭をたくわえたワイルドな印象となり、世界中を股にかけるジャーナリストを演じている。

本作は、全世界で突如、数百万人が衣服を残して消失。高度30,000フィートを飛行するジャンボジェット機内でも同じく一部の人間が消失し、大混乱が起きる。チャド演じるキャメロンと、機長レイ(ニコラス・ケイジ)が共に命がけの着陸に挑むアクション超大作だ。

有名な海外スターたちも、日本との意外な接点がわかるとより一層応援したくなるもの。チャド・マイケル・マーレイ出演のアクション映画『レフト・ビハインド』は、6月27日(土)新宿バルト9他全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャド・マイケル・マーレイ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

キャサリンからひとこと

関連する記事

人気ニュース TOP3

ランキングをもっとみる

人気コラム TOP3

ランキングをもっとみる

この海外ドラマに注目!